« No.1209 神戸「兵庫韓商・兵庫青商2013年冬期経営セミナー」講演 | HOME | No.1211 2月度 目標進捗状況 »

2013年02月28日

No.1210 木村塾パワーアップセミナー「仕事とは」

2月21日、第982回木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「仕事とは」であった。

私は仕事が大好きである。
仕事は人を成長させてくれ、磨いてくれる。

仕事を追いかける人と、追いかけられている人がいると思うが、
それは自身のとらえ方次第であると思う。

やってみなわからん!やったことしかのこらん!
どんな困難をも糧にして、向かっていけばいい。
やってきたことは、大きな財産となる。

生涯現役をモットーに、仕事をを通じて世の中のお役にたてば、これほど有難いことはないであろう。

0221powerIMG_9600.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ お金、人、客、あらゆる問題を『自分を磨く、砥石に考える』この考え方が腑に落ちました。こんな風に考えるくせをつけていけば何でも乗り越えられると思えました。落ち込んだ時の対処法の話も、いいお話が聴けました。落ち込んだ時はハイになる様にします。ありがとうございました。
・ 今日も沢山気づきがありました。日々頑張ってはいるのですが、やめる日を決めて期間を設定して行動した方が、より良いと思いました。仕事=イコール働くこと。働くとは、はたをラクにする。自分も仕事を楽しみ、はたも楽しませでく。みんながそれぞれ役割を全うして、1つの目標に向かって仕事をしていく、素敵だと思いました。
・ 人、モノ、金、情報、マーケットすべてがある日本。チャンスが目の前にあるのだと。早くスタートさせたいです。落ち込まない話はなるほどとよくわかりました。子どもと苦労をすることは、教育なんですね。
・ 仕事とはのお題に、つくづく考えさせられました。難問が出てきてもチャレンジすれば、その答えか出てくるのだと、最近感じました。「仕事とは自分を磨く砥石」だと会長がおっしゃいましたネ。その通りです。仕事をしていて新しい事ばかりに取り組み、毎日が勉強です。
・ 仕事は自分を磨く、人生は人によって磨かれる、という言葉が印象に残った。視野と自身の可能性を拡げるにはどうするかを、自身で考えていきたい。
・ 仕事をするにしても、考え方によって、楽しくなったりためになったりする。気の持ちようで、仕事は、自分磨きの手段となる。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web