« No.1222 木村塾やってみよう会 3月度例会 | HOME | No.1224 「『メシが食える力』をつけなさい!」を出版します。 »

2013年03月26日

No.1223 木村塾パワーアップセミナー 「もったいない」

3月21日、第986回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「もったいない」であった。

「いただきます」や「ごちそうさま」と並んで
日本古来の奥ゆかしい言葉「もったいない」。
私も子どもの頃は、飯粒1つ残しても「もったいない」と叱られたものだ。
それは、自然界から授かったものを活かし切り
あらゆるものに感謝をするという、日本文化の根本思想でもある。
環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性
マータイさんは、2005年来日の際に感銘を受けて
世界共通語「MOTTAINAI」として広めたが、
私はこの言葉を、環境は環境でもビジネスにつなげて考えてみた。

それは、この日本という国におけるビジネスの環境だ。
「人・もの・カネ・情報・マーケット」
ビジネスの条件である5要素が、
いまこの国には全て揃っている。
にもかかわらず、みなさんはそれを十分活かし切っているだろうか?
いや、それがあることにすら気付かずにいるのではないだろうか?
それこそが「もったいない」。

みなさんは、世界でも最高に恵まれた環境にいるのだ。
やったらええがな!
いまこそ活かしてチャンスにしよう。

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 毎回お題をいただき考えさせられます。チャンスを100%活かし切れていないのが私には一番「もったいない」。チャンスが来ていることが実感できるようになりました。
・ 奥が深くていい言葉だと思いました。色んな意味で「もったいない」人生を送っていたと気付きました。今からでも遅くはない。未来に向けて充実した人生を送る努力をしていきす。
・ もともと良い意味だったのに、最近は捨てられない心理とか、逆に悪い意味になってしまったように思います。物事を活かして「もったいなくないように」していきたいと思います。
・ 「時間を無駄にしない」「ビジョンを持ち進む」。自分の置かれた環境や時間を無駄にしないように、必ず3年後の目標をつくります。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web