« No.1213 浜松講演「逆境から学んだこれからの経営〜人材が育つ!強くて良い会社の条件〜」 | HOME | No.1215 広島木村塾  第2回セミナー開催 »

2013年03月06日

No.1214 木村塾パワーアップセミナー「熱中すること」

2月28日、第第983回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
本日のテーマは「熱中すること」であった。

みなさんの熱中話しを聞いて、すごいなあと思った反面、
「熱中できるものかない」という人も、少なからずいらっしゃると思う。
しかし、心配無用だ。

なぜなら、私自身未だかつて寝食を忘れるほど熱中した経験がない。
読書も、山も、スポーツトレーニングも、座禅も写経も
実はとくに好きでやっているわけではない。
しかし、ゴールに向かって着実に進み、大きな感動を手にしている。

なぜできるか。
それは、ビジョンや目標を持っているからだ。
数字を入れたビジョンや目標を掲げて公言する。
1000冊、1000回と目標数値を掲げて公言し、進捗報告しながら続けているうちに
イメージした通りに動いていくものだ。
ビジョンや目標というエネルギー源をもてば、人は自燃できる。

今回は、昨年6月にプサン国際食品大展の講演を兼ねてプサンツアーをした際に
お世話になった李東和さんが来日され、参加してくださった。
心より歓迎と感謝の念を送りたい。

kimu20130228-1.JPGkimu20130228-2.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋☆

・ 熱中することと仕事とプライベートがバランスよく存在すれば、これ程豊かな人生の形になるのではないかと思いました。毎日意識したいと思います。
・ パワーの塊のような木村会長が「寝食を忘れて夢中になったことがない」と言われたのが新鮮でした。ビジョンを公言する効力をあらためて実感しました。
・ とにかくビジョンと日々の実践だとあらためて思いました。ビジョンが実現できるイメージをいつも描き、愚直に日々の実践に取り組んでいきます。会長のビジョンにある「1001人の起業家を創る」。私はその1001人の中に入ると決めています。
・ 熱中する事、ワクワクする事、熱くなる事、等々。人生の中でとても大切で生きて行く栄養になるものだと思います。そういう思いを常に持ち続けたいです。
・ 浅田先生のワンポイントレッスン「敬語は相手と対等になるために使う」という話、目からウロコでした。
・ 「人の心に火をつける」。この言葉は部下を持つ自分の教えになると思う。また、「人間は潜在能力の3%しか発揮していない。まだまだ伸びしろがある」と聞いて、私も頑張りたいと思った。
・ みなさんの熱中する話を聞いているうちに、自分の熱中してきたことを思い出しました。
テーマを聞いてすぐに話の構成や話す内容が出るようになればいいなと思いました。
・ 3週間ぶりの出席です。一つのテーマで人の考えが聞けるのは自分の為になります。ありがとうございました。
・ 初めて参加しましたが、素直に話しの出来る雰囲気がとてもよかったです。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web