« No.1234 香川木村塾 第1回セミナー開催  | HOME | No.1236 木村塾パワーアップセミナー 「自分のセールスポイント」 »

2013年04月23日

No.1235 東京木村塾 4月例会開催 

4月12日、東京都産業労働局秋葉原庁舎にて東京木村塾 4月例会を開催した。
新刊書にからめて「メシが食える力」についてお伝えした。

メシが食える力とは、イコール、生きる力だ。
苦難や逆境は、最強の「メシが食える力」となる。

今回は初参加の方や女性メンバーが多く、フレッシュな空気に包まれた。

一般的に家計を預かる女性は、将来に備え何かあったときのためにも
貯蓄に励む性分がある。
言いかえれば、普段から長期的ビジョンに基づくBS経営を実践しているのだ。
そもそも起業家向きだとも言えよう。
対する男性は、単年度の経営にシフトしたPL経営に走りがちだ。
長期的展望よりも、目先の損得や見かけを重視する。
要するに「ええかっこしぃ」なのだ。

女性から学ばせていただくことは、本当に多い。

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 「与える逆境」「創る逆境」心に響きました。自分は甘すぎました。ビジョンを見直し、しっかりBSビジョンを創ります。言葉と数字を持って経営し必ず強い会社を創ります。
・ 逆境が自分を成長させる。自分を成長させるために、自ら逆境をつくろう。この言葉に大変感銘を受けました。
・ 顧問弁護士より節税のテクニックを教えてもらい、頭を悩ませていましたが、そうでないことを今回初めて知れました。ありがとうございました。
・ 今回もエネルギーをいただきました。参加者の具体的な質問から、あらためてBS経営の深さを実感しました。
・ 初参加でしたが、楽しく「生きた経営」を学ぶことができました。「両手に言葉とソロバン」という言葉も分かりやすく、かつ自分の目標になりました。
・ 2回目の参加でしたが、さらに深く起業への決意を固めることができました!
・ 「私は水のような存在です」と仰った奥様の言葉。素晴らしいですね。奥様の支えがあってこその木村会長ということが分かりました。
・ 女性は起業家に向いている、という言葉をいただいて自信と勇気を持ちました。「水のようになる」という奥様のお話も一生忘れないと思います。また、勉強に参ります。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web