« No.1237 沖縄木村塾 第1回セミナー開催  | HOME | No. 1239 岡山木村塾 第4回セミナー開催 »

2013年04月30日

No.1238 木村塾やってみよう会 4月度例会

4月22日、大阪駅前第2ビル4階 大学コンソーシアム大阪にて
第34回「木村塾やってみよう会」が開催された。
今回の「我が人生(ビジョン)を語る」は、エステサロンを経営する西口佐智さん。

「お客様にはとにかく自分を好きになってもらいたいのです。
ご本人も気付かない魅力に気付いていただけたらと」。
西口さんが大阪市内で営む「セレブデトックスサロン」は、
お客様に外見だけではない、心身の健康を含めた内面の美しさを引き出し、
提供するサロンだ。
そんなサロン誕生の背景には、心と身体に関して苦悩し続けた
西口さん自身の体験があった。

西口さんは和歌山出身。
第一子、それもお母様が2度の流産を経て授かった命だった。
幼いころはご両親はじめ祖父母の有り余る愛情に包まれ
「王様のように」扱われたという。
しかし、そんな特別扱いも長くは続かなかった。弟が生まれたのだ。

「いつも弟と比較されました。小学校に入ると私は褒められなくなり、
好きだった勉強も嫌いになりました。勉強しないから怒られるという悪循環の中で、
気がつけば自信がなくなり、人の顔色を窺っては
失敗を恐れてなにも出来ない子になってしまいました」

悪いことに西口さんは肥満体質でアトピーの持病もあった。
腕や手はいつも膿んで黄色い汁に覆われ、掻きむしるので
朝起きると血まみれになっていたこともある。温泉にも入れなかった。

そんな中で、西口さんを変えたのは、人との出会いだ。
高校、短大、専門学校では友人に恵まれ、次第に人前でも話せるようになっていった。
社会人になって業種の違う複数の仕事を経験したことで
人には考え方や性格、生き方があることを学んだ。
また、試行錯誤しながら食事や生活を見直すうちに、
悩み続けたアトピー体質も改善された。
今では食べても太らない体質になり、温泉も入れるようになった。

「こんな私でも出来たのだから、どの人も健康できれいになれるんです。
原因を突き止めると、改善出来るんですね」
辛かった体験が、すべて今のエステの仕事に生かされていることに気付いた。
「今は自分のことが大好き。皆も大好き。仕事も大好き。住む家もある。
毎日すごく幸せ。だから、この幸せをたくさんの人にも共有して欲しいんです」
こぼれるような笑顔で話す西口さん。
「10年後は8階建てのビルを」と、ワクワクするようなビジョンを公言された。

「人生はいきあたりバッチリ」「全て起きる事はネタである」
そんなユニークな”語録”で締めくくった西口さんから、あふれるパワーを頂いた。

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 「全て起きる事はネタ! 」。いただきます。
・ プラス言葉を使うから、幸せになれるということをあらためて気付かせていただきました。ありがとうございました。
・ おばあさんから学ばれたという「人の好意は笑顔で受ける」は、今後見習っていこうと思います。西口さんの生い立ちを語る表情と比べて経営を語る表情がイキイキとしていました。
・ 明るさと元気さ、笑顔がすごくステキ!! 8階建てのビジョンがイメージしやすかった。
・ 「前向きな言葉が西口さんを幸せにしている」とおっしゃった会長の話が心に響きました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web