« No.1293 木村塾パワーアップセミナー 「私のでっかい夢 ! 」 | HOME | No.1295   7月度 目標の進捗状況 »

2013年07月31日

No.1294   大阪木村塾 BS経営相談所 7月度 開催

7月26日、大阪木村塾7月例会が大阪産業創造館で開かれた。
冒頭、「経営資源とは? 」をテーマにダイアード。おなじみDVD上映の後、
今回は「起業家と経営者」についてお話させていただいた。

経営資源とは、「人・もの・カネ」プラス「情報・マーケット」を指す。
これらを掛けあわせて、価値を10倍にも100倍にもする人を経営者と言う。
一方、これらを展開して新しいメシのタネをつくり、カタチを変える人が起業家だ。

中でも、新しい事業を起こすときにとりわけ必要なのは「もの」。
土地や建物、商品だけではない。いや、むしろそうした現ブツではなく
目には見えない「アイデア」、「技術」や「サービス」といった「ソフト」である。
起業家は、アイデアや技術を駆使し、
誰も思いつかなかった新しいビジネスを生み出していく。

わが国では、経営者と起業家を混同しがちだが、起業家のメッカ、米国のシリコンバレーでは、
経営者ではなく起業家として仕事をしている人たちが多数いる。
彼らは新しいビジネスを創出しては、高い付加価値をつけてつくった会社を売却し、
また新たなビジネスに挑んでいく。

彼らは「社長」ではなく「CEO=Chief Executive Officer」「CTO=Chief Technology Officer」
「CFO=Chief Financial Officer」「CIO=Chief Information Officer」等と呼ばれている。

経営者ならば、一つの事象を深く掘り下げる顕微鏡のような目が必要だが、
起業家には、鳥のように空から下界を眺める俯瞰(ふかん)の目が必要だ。

思えば私に与えられた人生は、経営者ではなく起業家の道であった。
メシのタネを探し、うまくいけば社長の仕事は人に任せて
また新たにメシのタネを発掘する・・・。
うまくいかなくても失敗経験が次のアイデアになる。
ちなみにその勝率は4勝26敗。この4勝は26敗をカバーして余りある。

起業家を志すならば、アイデアを駆使し、失敗を恐れることなく
リスクをかけて果敢に挑戦してほしい。

あなたは果して起業家ですか?  それとも経営者? あるいは起業家型経営者でしょうか?

IMG_0142oy1.jpg IMG_0160oy2.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 視座変換!! 頭をハンマーで殴られた!! 殴られて頭が割れて、何かが出てきた! そんな気がします。次回は「お金で釣って」でも息子3人と参加したいです。
・ 起業家と経営者は別だと聞いたことで、曇っていた頭が晴れました。「起業家で行くしかない! 」と、心に決めました。
・ 経営者と起業家の違いがよく分かった。今までの学びは良い経営者になるために舵が向いていましたが、目指したいのは起業家であると再確認できました。チャンスを求め、海外に出ることと、大きなビジネスにしたいと思います。
・ 新しいネタ満載でとても面白かった。ナレッジサロンはぜひ行ってみたい。
・ 起業家はカタチを変える。起業家はメシのタネをつくる。具体的な事例を通じての話はとても分かりやすかった。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web