« No.1310 木村塾パワーアップセミナー 「人生のターニングポイント」 | HOME | No.1312  木村塾やってみよう会  9月度例会 »

2013年09月17日

No.1311 東京木村塾 9月例会開催

9月6日、「アルカディア市ヶ谷」にて東京木村塾 9月例会を開催した。
秋葉原から市ヶ谷に移って初めての例会だ。
会場は皇居のすぐ横にあり、お濠と緑に囲まれた眺めがすばらしい。

開催前に2社の経営相談を実施。
セミナーでは、近々開講予定の六本木木村塾の発起人さんも交えて初参加のメンバーが多く
フレッシュな空気に包まれた。

冒頭、「10年後の私」をテーマにダイアードを実施。
「ビジョンがもつ力」をテーマに、ビジョンが人生をいかに変えていくかをお伝えした。

なりたい姿(ビジョン)を、「数字を入れた言葉」で描き、繰り返し「公言する」と、すべて実現する。
私がこのことに着目したのは50代の時。バブル経済の崩壊で多額の負債を背負い、
奈落の底から這い上がる過程で身を持って体感した。

同時期に「BS経営」という経営の王道を見つけた私は
10年を一区切りとしてBS(バランスシート)に目標値を定めた「BSビジョン」を打ち出し
それをスタッフ(弊社では「経営社員」と呼ぶ)と共有したところ、
ビジョンどおりどころか、予想を上回る大きな成果を上げていった。
現在、弊社は壮大な「第三次BSビジョン」に向かって着実に進んでいる。

なぜ、実現できるのか。
それは繰り返し公言する事で、その人に備わる潜在能力の扉が開くからだ。
潜在能力が開花すると「できる方法」が見つかり「やり続ける力」が備わる。

しかも、いまは大変化の時代。やれる土俵が日本には備わっている。
変化はチャンスだ。
怯えるのではなく、変化をチャンスと受け止める人には、大きなステージが与えられる。

やったらできる。みんなできる!
同じやるなら、大きなビジョンがいい。
さあ、みなさんも、ぜひ今日から大ボラを吹いてガンガン言い回ってください。

IMG_0102tyom.jpg IMG_0101%20-%20%83R%83s%81%5Btys.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 現在22歳、就活中。人生で初めて逆境に立っていると思います。でも、夢も目標もあります。逆境は絶対に乗り切ると決めて頑張ります。
・ 「BSのないPLはダメ」が印象的でした。当社は2012年4月設立。2013年1月末の第一期決算は大赤字でBSは社員に見せられませんでした。来年1月の第二期以降は見せられるようにしたいと!
・ 目が覚めました! 今からでも会社を辞め、起業家して力をつけていきたいと思いました。
・ 初参加ですが、チャレンジしたくなりました。ビジョンを話すと空気が変わり、公言することで実現できることを体感できました。
・ 税理士事務所を開業したばかりですが、BSビジョンを考えると、とても前向きになれて、達成いる気が湧いてきました。お客様にも伝えていきたいと思います。
・ 久しぶりに参加して、日常の固まった頭をハンマーで打ち砕いてもらいました。また新しいスタートが切れそうです。
・ 2回目の参加ですが、また大ボラを吹きました。会社のスタッフにも大ボラ=ビジョンを語って行きたいと思います。
・ エネルギーをいただきました。今後のやりたいこと、やるべきことのアイデアが浮かびました。同郷の益田市から木村会長が出られたことを誇りに思います。
・ 会長の経験に裏付けされたお話はとても楽しく、自分の経験になったように勉強になりました。熱意を失わず仕事をしていきたいと思います。
・ 起業家精神をあらためて感じることができ、逆境に立ち向かう意味が理解できました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web