« No.1324 六本木木村塾 開講  | HOME | No.1326 高知木村塾 第4回セミナー開催 »

2013年10月08日

No.1325 木村塾パワーアップセミナー 「ブランディングを実現するために何をしているか? 」

10月3日、第1011回 木村塾パワーアップセミナーが、会場をグランフロント大阪北館の7階
ナレッジサロンに移して開催された。
今回のテーマは「ブランディングを実現するために何をしているか? 」。
知性とクリエイティブな空気が漂う新会場にふさわしい、洗練された内容になった。

IMG_0065pubd3.jpg

ブランドとは、有名になるとか、かっこいいロゴデザインをもつことではない。
一言でいえば「信用力」だ。
私がこの言葉に出会ったのは10年ほど前になる。
自分の強みを活かし、パーソナルブランディングつくるために始めたのが
著書の発刊であり、ブログとメルマガの発信だった。
その後、フェイスブックとツイッターを活用しているが、
ソーシャル・メディアの活用は、信用力を高めるだけでなく、
私の一番の売りである行動力を示す絶好のツールになっている。

また、私たちにとってのブランディングは自分の売りだけではない。
海外に出る際には「ジャパン」という強力な素材がある。
「ジャパン」は世界に通用する大きなブランドなのだ。

本番発表では、十人十色、ブランディングに直結する自分の売りや自分磨きに関する即興スピーチが飛び出した。
とくに、ここ数か月前からセミナーに参加されている若い塾生の上達ぶりには目を見張るものがある。
まさに、共に学び共に成長する「仲間」と「場」が、皆さんの中の秘めた力を引き出している。

ガラス貼りの会議室は、広いフロアの中でもひときわ目立つ存在。
観客はセミナー参加のメンバーだけでなく、このサロンに集うすべての人だ。
ステージに立っているつもりで個々人や木村塾のブランディングに挑んでいきたい。

IMG_0038pubd1.jpg IMG_0051pubd2.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 一歩ずつ自分にないものをこのセミナーで学んで、前に進んでいます。来られる方もどんどん前に進まれているようで、普段はできない集中して考える場になっています。
・ 新しい会場での開催、非常にワクワクし、またテーマも良かったです。改めて気付き、考えるきっかけを得ました。
・ ブランディングの重要性を再認識しました。他人が絶対に思い付かないことをどんどんしていきたいと思いました。
・ 新しい会場がすごくいい。テーマはいつもながら難しかったが、自分にとってもっと仕上げていかないといけないと感じた。
・ ブランディングというテーマが自分を見つめ直すきっかけになります。自分を高め、発信して行く、意識した生き方をしています。
・ 自分自身も知らない自分を発見して、ちょっとでも人前で話せたことがうれしい。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web