« No.1335 10月度 目標の進捗状況の報告 | HOME | No.1337 木村塾パワーアップセミナー 「ビジネスの一番の味方は何か? 」 »

2013年11月01日

No.1336 滋賀甲賀木村塾 第2回セミナー開催

10月23日 滋賀甲賀木村塾 第2回セミナーをサントピア水口で開催。
この日は岡山での早朝セミナーを終えたその足で、大阪を通り越して滋賀入り。
13時半からスタートした3時間のセミナー。

テーマは「やってみなわからん! やったことしか残らん!! 」。
今回は主題に沿った内容で40分ほどお話したほか、
株式会社ナカザワの中澤美仠盛社長をゲスト講師にお招きしての講演、
さらに中澤社長と私の対談という、欲張りなプログラムで行われた。

湖南市に本社を置くナカザワは、60年前に4畳半一間の修理店からスタートして
いまでは県内外に77店舗を展開する時計の販売会社。
2代目社長の中澤さんは55歳だ。
オリジナル品を含めた手軽な価格帯のブランド時計で市場を開拓し、
来期は日本流の付加価値をつけたギフト路線でアジア市場に挑むという。

対談では、上杉塾長の司会進行によりみなさんからの質問にお応えする形で
挑戦することの意義や失敗を恐れない生き方、
海外における「日本」ブランドの強さなどについて、それぞれの体験や想いを語り合った。

チャンスは変化とともにやってくる。
そして、チャンスに挑むにはリスクはつきものだ。
変化やリスクを恐れてはいけない。
この大きな時代転換期の中で、リスクを恐れず、グローバルなものの考え方をして
大きなチャンスをつかんでほしい。

今回も経営者や金融関係の方に多数ご参加いだいき、大いに盛り上がった。

ハードスケジュールだったが、起業家スピリッツに溢れた中澤社長との熱い対談でエネルギーチャージした。
次回は1月27日。「新春大ボラ大会」も企画されている。楽しみだ。

IMG_0077sh1.jpg IMG_0076sh2.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ リスクのことばかり考えていては前に進めない。失敗を恐れない人間になること。そして将来のビジョンを持つことで前に進めていくということが大事だと思った。
・ 「恵まれた環境を活かす」。それが起業家の使命だと痛感しました。外から見た日本の実情が解り、日本の閉塞感、見方は誤っていたことに気付きました。
・ ビジョン、夢を持つことが大切だとは思っていたが、背中を押してもらえた気がした。
・ 初めて参加しましたが、楽しい時間になり、これからの楽しみにつながりました。
・ 企業として「夢」の必要性、夢を実現するための目標、ビジョンの重要性を再認識しました。
・ 「強い心」「プラス思考」と、トップの心の持ち方を学びました。
・ 先見の明と、大きい夢を常に持って失敗を恐れないことが大切だという事を教わりました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web