« No.1344 神戸木村塾 第3回セミナー開催 | HOME | No.1346 福岡木村塾 第5回セミナー開催 »

2013年11月21日

No.1345 京都木村塾 11月例会開催

11月11日、京都市生涯学習センター山科(アスニー山科)にて京都木村塾を開催。
13回目となる今回から呉山直子塾長が率いる新星・京都木村塾がスタートした。

冒頭、ビジョンの持つ力について軽くお話した上で「10年後の私」についてダイアードと
自己紹介代わりのDVD上映。
「メシが食える力をつけなさい! 」をテーマに、
「変化はチャンス」「茹でガエルになるな」と檄を飛ばした。

新リーダーの元、会場は初参加の方々が半数以上を占めフレッシュなムードに包まれた。

木村塾の運営は収益ビジネスではないが、一つの事業であることには変わりはない。
自ら手を挙げ、この事業運営にチャレンジされることは起業に通じる。
楽しいことばかりではない。
本業を営みながら新たなリスクや課題を抱え、壁にぶつかり苦悩する中で、
他では学べないたくさんのことを掴み、成長できると私は信じている。
何よりいろんな人とつながり「信頼」という、ビジネスにとってもっとも大切なものを獲得できるだろう。
全国24カ所に広がった木村塾の塾長のみなさんに、あらためて感謝申し上げ、
その勇気にエールを贈りたい。

また、先代より女性リーダーが率いる京都では、塾生もさまざまな領域で活躍される女性が多い。
女性は元来、感性が鋭く、最後の最後まで粘り切るという「胎のチカラ」を備えており、
起業家としての資質があると私は確信している。

会場近くの居酒屋で開かれた懇親会も盛り上がった。
いろんな意味で大いに楽しみなスタートとなった。

IMG_0012%20%282%29kyo11m.jpg IMG_0017kyo11m.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 「非常識の中に新しい価値観がある」。「できない理由はいらない」。木村さんのような方が増えるとうれしい。今の教育に一番必要な勇気をもらいました。
・ みんなを幸せにするために『木村勝男物語』を映画化しましょう。やってみなわからん!
・ 変化がチャンス、人生やり直しが出来るということ。これから頑張っていこうと思います。
・ 「聞く側」より「主催する側」になると成長が違うというお話をいただきました。そうなれるようにもっと勉強します!
・ 「続けること、信念、誠実さ、行動力」というキーワード。そして「あなたはやれる!」の言葉に勇気をいただきました。
・ 「商売(儲ける)とは信者をつくること」「ビジョンはなりたい状態を未来から現在にひっぱってくる」「自分で押さえている数字の弱さはタチが悪い」。「やってみなわからん」・・・なんだか面白くなってきそうです。
・ 起業するのにやったらダメなことをいっぱいしていました。クダクダしている自分、言い訳ばかりして何もしない自分。変わります! やる人になります!
・ ミュージシャンでメシが食えるチカラをつけます!  10年後のビジョンは僕の作った楽曲とタイアップしていただくことです。
・ 講演の主旨とは違いますが「後ろめたくなることは、小さな事でもしないでおこう」と。私の中で大きな収穫でした。
・ 毎回、白熱問答がとても好きです。こんなに的確な答えを出せる方にお会いしたことがありません。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web