« No.1357  大阪木村塾 BS経営相談所 12月度 開催 | HOME | No.1359  宇都宮木村塾 開講  »

2013年12月25日

No.1358 木村塾パワーアップセミナー 「今年一番うれしかったこと」ほか

12月18日、第1022回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
テーマは「このパワーアップセミナーで何を得たいか」「今年一番うれしかったこと」「自己紹介(初参加者)」の三択とした。

皆さん、それぞれの内に秘めた潜在能力の大きさ、凄さを予感させるスピーチが続いた。
そして私が一番感じたのは、やはり目標を持っている人はイキイキして、結果をつくるということ。

私自身について言えば60代に勝るとも劣らないエキサイティングな年となったが、
それも“目標人生”がもたらす賜物だろう。
ちなみに私は、12月に入るとすぐ、1年間を総括した上で「心技体」それぞれの翌年の目標づくりに着手し、
1カ月をかけてじっくり練り上げる。
目標というものは、毎年リセットするものではなく、積み上げていく中で修正していくのもだと思っている。
だからこそ、目標の先にさらに大きな夢の設計図ともいえる「ビジョン」を描くことが必要だ。

1月1日は、完成した目標に向かってスタートする日にしたい。
1年はたった365日、8,760時間しかない。だから1日たりとも無駄にはできない。
限られた時間を「線」ではなく、幅と深さを掛けあわせた「体積」にするためには
自らが立てた目標に向かって日々実践し、継続することだ。
それが、やがて信頼となり、人脈となってビジネスの発展や自己の成長につながっていく。

また、今年はホノルル・マラソンに参加する機会を得て、完走できた。
タイムは7時間55分。
誇れる記録ではないが、とても一人では走り切れなかっただろう。
これも場のもつエネルギー、仲間の力を借りてこそ達成できるものだと実感した。
「タイムを競う」のではなく「仲間と楽しむ」という人生の喜びがあるということを、遅まきながら発見した年でもあった。

今年も余すところあと1週間。ぜひ、皆さんも今年のうち目標を練り上げてほしい。

IMG_0004pu1225s.jpg IMG_0001%20%283%29pu1225m.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ やっぱり来なくちゃ! と思った今夜でした。前に出て話すと、なぜか涙が出そうに胸がいっぱいになります。
・ 「一番うれしかったこと」のテーマで、自分の喜びだけにフォーカスするのではなく、Nさんのように人が幸せになることに喜びを感じるように意識していきます。
・ 今回はとくにエネルギーを感じました。会長がおっしゃるように、他の人に話すことで現実が動くことを実感します。
・ 「来年の目標は年内に決める」。「決めた目標は1月1日から行う」「金脈は人脈の向こうにある」「休むのはあの世に行ってから」。いい言葉です。
・ 参加して短い期間ですが、毎回いろんなダイアログを聞かせていただいているので本当にみんな仲間という感じです。みんなで羽ばたきたいと思います。
・ テーマを3つから選ぶ方式は、やり易い。続けることの大事さを感じます。
・ 「人生は全力で送りなさい!」という会長のお話がすごい。目標に数字を入れて、やれる方法を見つける。それを達成していくことも!
・ 1月1日からスタート・ダッシュしようと思います。とりあえず山には登ろうと!
・ 色んな方の話をシェアすることの大切さを感じました。良い、悪いではなく素直にフラットな気持ちで聞くことができました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web