« No.1384 横浜木村塾 第6回セミナー開催 | HOME | No.1386 京都木村塾 2月例会開催 »

2014年02月18日

No.1385 木村塾パワーアップセミナー 「あなたの心が落ち着いた時とは?」

2月12日、第1029回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回は「あなたの心が落ち着いた時とは?」をテーマに。

音楽やカラオケ、ヨガに瞑想、読書、入浴、散歩。家族で団らん。バーで一杯・・・
商売がうまくいっている時。皆に喜んでもらえた時。自分に自信が持てた時、等々
みなさん、それぞれエピソードを交えて表情豊かにスピーチされた。

私に関していえば、「落ち着く」ということ自体が永遠の課題だ。
「静と動」。人間にはこの2通りのタイプがあるが、私は究極の「動」人間である。
何しろ風呂は10分。湯船の中でも時計を見て、まだ5分! あと5分もあるのか!という感じで出てくる。
そんなせっかちな性分を克服したいと始めた写経も、7年越しで累計3,000枚を越えたが、本質は何ら変わらない。
そもそも「心静かに落ち着くこと」が、別段幸せだとは感じないのだから仕方がない。
それよりも「もっとエキサイティングに」「いかにテンションを上げるか」を自分に仕掛けることに夢中になる。

しかし、「静」も「動」も、どちらが良くてどちらが悪いというものではない。
みなさんも外見や性分を含めて自分を取り巻く環境を1%たりとも否定してはいけない。
100%肯定することだ。全てを受け入れてよしとする「最善観」を持つことだ。
そうすれば何事にも動ずることなく、軽やかに生きられる、と思うのだが。

IMG_0013PU2%8C%8E12.jpg IMG_0014PU2%8C%8E12m.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 人にはそれぞれ落ち着く理由があってその違いが興味深かった。心の有り方をコントロールできると素晴らしいなと思う。
・ とてもいいお題だったと思います。本当に心が安定している時ほど、新しいアイデアが思い浮かぶし、そんな時はワクワクドキドキしています。安定している精神を培っていくことが大切だと思いました。
・ 「自分を高揚させテンションを上げるように自分で仕掛けている」と言われた会長の言葉が新鮮でした。難しいテーマですが、いろんな切り口があると思いました!
・ 人には長所も短所もあるが、それが個性である。だから短所も短所ではない。99%の肯定では、1%を「言い訳」にしてしまう。自分を100%肯定する「最善観」の観方をしなければいけないと思った。
・ 久しぶりに参加して目が覚める思いがしました。熱くワクワクする仕事をしていこうと思います。
・ 落ち着けば頭がクリアになりアイデアが浮かび、そのアイデアを実践することで成長できるのではないかと思った。
・ 一人ひとりのプレゼンに対して浅田先生からのコメントがいただけるので気付きがあります。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web