« No.1405 木村塾パワーアップセミナー 「幸福とは何か?」 | HOME | No.1407 木村塾パワーアップセミナー 「自分の元気の源は? 」 »

2014年03月24日

No.1406 木村塾やってみよう会  3月度例会

3月17日、グランフロント北館7Fナレッジサロンにて「木村塾やってみよう会」が開催された。
今回の「我が人生(ビジョン)を語る」は、堀江登記測量事務所所長の堀江悟さん(54歳)。

IMG_1029%82%D9%82%E8%82%A61.jpg IMG_1019%82%D9%82%E8%82%A62.jpg IMG_1047%82%D9%82%E8%82%A65.jpg

堀江さんは1960年、大阪でペンキ屋を営む家に生まれた。
幼心に刻まれた辛い体験がある。三日三晩、陣痛で苦しんだ末に堀江さんを出産したお母さんから「私はお前に殺されかけたよ」と呪文のように聞かされたことだ。
8歳の時に淀川で溺れた体験も忘れられない。川底で「生きるよりも死ぬほうがラクだ」と感じていたという。

高校時代はペンキにまみれた家業が嫌でサラリーマンに憧れた。そんな中、お父さんが事故で両足を切断、
堀江さんは自らの意思で学校を中退して焼肉店に就職した。
来る日も来る日も大量の鉄板を洗う生活。折しもノストラダムスの大予言が流布した世紀末。
「世界が終わるなら苦しみから解放される! よっしゃ ! と思ってました」と振り返る。
追い詰められパニック障害を起こしていた。不安神経症ともいわれる病気。
しかし「これではアカン」と、ジムに通ったところ筋肉質の体に。気が付けば治っていた。
「体が変われば心も変わる」。堀江さんは身をもって学んだ。

23歳で結婚。稼がねばと、土地家屋調査士を目指した。
仕事の傍ら朝4時に起きて猛勉強を重ねた。そのプレッシャーから再びパニック障害に。しかし、
この時も療養中に気付いたことがある。
「マイナスの感情はどうしようもない。そのままでいいから、とにかく行動する。そうすればプラスの感情になる」と。
3度目の試験で合格。 25歳だった。初めて勝つ体験をして自信が持てた。
翌年、国金から500万の融資を受けて独立。時はバブル。15万円だった月給は最高2000万円にも ! 1日16時間働き「俺ってすごい」と天狗になった。

30代になって遊びを覚えた。ゴルフやスキューバダイビング…そして、バブルがはじけた。
小さな会社だったので影響は受けなかったが、その後、リーマンショックで売上げが激減。
5人のスタッフからの「やめたい」コール。両親の相次ぐ死。
数々の悲しみを体験する中で自らの傲慢さに気付き「変わりたいと思った」。

40歳のときに受けたあるセミナーで、抱え続けた生き辛さの原点が見えたという。
「母の産道を出る際に苦しんだ体験が意識下にあったようです。生まれてこなければよかったと、思い込んでいたんですね」。
それに気付いたとき、堀江さんは生まれ変わることができたという。
「だから私は産道法師」と笑わせることも忘れない。
「気付きの深さが意識の高さ。それは日常生活でもいえる。腹を立てたり、いら立ったりしても、
自分でその状況に気付けるということが大事」という。

実は昨年、堀江さんは53歳で再婚。全財産を前妻に渡し「すってんてん」になった上での新生活だ。
「今、振り返ると辛いことの方が感謝できます。つらければ辛いほど、すばらしい事だと心底思える。だからこれからどんなことがあっても感謝できます」と言い切る。

最後に数字入りのビジョンを語った。
「60歳で1億円の貯蓄、70歳で10億円の運用、80歳で100億円を障がい者施設に寄付します」。

生きる意味を真摯に問い続けた人生に大拍手が寄せられた。
人は過去に戻ることはできない。しかし、その人にしかできない経験がある。
その経験こそ「宝物」だ。堀江さんもすばらしい宝物をたくさん持っている。
私は64歳の時に本を上梓したが、皆さんもぜひ50、60歳を目途に自伝を書くことをお薦めしたい。
必要なのは文章力ではなくネタだ。宝物がどれだけあるか。たくさんのネタをつくることだ。
そんな宝物の詰まった自伝は、ビジネスをする上でも何よりの信頼につながるはずだ。

IMG_1054%82%D9%82%E8%82%A63.jpg IMG_1058%82%D9%82%E8%82%A64.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 堀江さんのお話。すごく迫力がありエネルギーを感じました。マイナスの考え方は仕方なく、行動が真実という事。なるほどと思いました。プラスの行動で自らを仕掛ける術。感心します。
・ 出会いの全てがターニングポイントになっている。何事も素直に受け止めトコトン実践していくことが大切!! 奥さんに「ちゅき(好き)」と素直に言える。私も今日帰ったら言ってみます。
・ 気付きの深さ=意識の高さ。マイナスの感情は自分では消せない。行動をプラスするとプラスの感情が生まれる。辛いこと、苦しいことのほうか感謝できる。深い言葉ありがとうございました。
・ パニック障害について勉強になりました。行動ですね! 人前で奥さんを「好き」と言える堀江兄貴。ステキです。
・ 人との出会い、そして行動によってしか自分は変わらないと思いました。
・ いつもの明るい堀江さんとは違った一面を見ました。「マイナス感情は行動することでのみ消すことができる」。この言葉を肝に銘じます。
・ すべて実践されての深いお話。カッコいいと思いました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web