« No.1412 名古屋木村塾 第7回セミナー開催 | HOME | No.1414 宇都宮木村塾 第2回セミナー開催 »

2014年04月10日

No.1413 木村塾パワーアップセミナー 「おもてなしとは? 」

4月2日、第1036回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「おもてなしとは? 」とした。

東京五輪招致のプレゼンテーションで一躍流行語になった「おもてなし」。
「相手の立場に立って」「笑顔」「誠心誠意」「真心のこもったサービス」「気持ちよさ」「いつでも便利」
などをキーワーズとして、皆さんは旅行体験や自らのビジネスシーン、京都の高級旅館、
母親の言動などを例に出し、スピーチされた。

英語に訳すと「サービス」「ホスピタリティ」などに置き換えられるが、
私は、「おもてなし」とは日本食と同じく茶の道に通じる、これぞ日本文化の極みだと捉えている。
その最たるものが、掃除。日本人の掃除に対する心意気だろう。街にはゴミ一つ落ちていない。

また、ビジネスシーンでも、いま世界中に日本式のサービスが広がり、
各国でも着物を着たり笑顔で接客をしたりと付加価値を高めるサービスに努めているが、
どこかぎこちなく、本意が伝わらない。
なぜならば、それらは日本古来の文化だからである。
文化というものは1日で完成するものではないのだ。
「おもてなし」の心を磨くことが、日本の強みであり武器になるだろう。

今回も白熱問答で盛り上がった。

IMG_0001%20%283%29PU42m.jpg IMG_0003PU42.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 社会人になって10年。ずっと心においてきた言葉でしたが、改めて他の方の考え方を聴き、自分の考えをまとめてみて、まだまだできていないと思いました。また、皆さんが思う、「おもてなし」の感じ方の違いを満足させていくことが大事だと思います。初参加で緊張しましたが、皆様の前でスピーチするという体験ができてよかったです。
・ 人前で話すことは多いのですが、フィードバックいただくことがないので非常にありがたい機会です。夜間の学生なので休みしか来られませんが、また参加します。
・ おもてなしを「おもて成し」と書くとは、知らなかった。本日も白熱問答タイムがあり、勉強になりました。
・ おもてなしとは「心から」の気持ちを持って、感謝をもって行う。お客様の立場で考える。人を見る。私自身、自然にできるようになりたいと思います。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web