« No.1439 福岡木村塾 第7回セミナー開催 | HOME | No.1441 福井木村塾 第6回セミナー開催 »

2014年05月30日

No.1440 木村塾パワーアップセミナー 「他人と自分を褒めていますか? 」

5月21日、第1039回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「他人と自分を褒めていますか? 」
私が福岡木村塾で出張のため、河村さんにレポートをお願いした。

誰もが「褒めることは大切」と思いながらも、大半の人は「できていない」との意見。
とくに男性陣は、あらためて「妻を褒めたい」と語った。
浅田先生を除いて参加者で紅一点のTさんは「自分の夫に聞かせたい」とスピーチ。
日頃はなかなか意識しないテーマでもあり、言動を振り返るいい機会になったようだ。

私自身は、そもそもマイナスな言葉が嫌いだ。
自分のことも他人に対してもプラス面だけを見ようとする。
例えば「優柔不断」という言葉がある。
一般的には、決断力がなく消極的なイメージを与えるが、
別の側面から見ると、慎重に物事を考えるというプラス面がある。
見方を変えると欠点も長所になる。
だから、私は自分で自分の長所を即座に10個以上言えるし、
同じように他人についても、いいところをたくさん見つけることができる。

また、私は自分を褒めることができるので、他人をも褒めることができるのだと思う。
ファーストは「まず自分」。自分を認めて自分を好きになって自分を褒めることだ。そうすれば他人の良いところが光って見え、自然に褒めることができるだろう。
ちなみに「褒める」とは認めること。「お世辞を言う」とか「おだてる」とは根本的に異なる行為である。
自分を否定する人に、他人を受け入れることはできない。

木村塾は、塾生同士が交流することでお互いを認め、自分や相手の中にある「宝物」を見つけて磨き合う場だ。

最後に岩田リーダーが「帰る時にサロン受付の女性スタッフさんを褒めて帰ろう」と提案。
「なぜかしら? 今日は皆さんに褒めていただいて」とニコニコ笑顔の女性スタッフさん。
なかなか粋な計らいではないか。

IMG_1011521PU1.jpg IMG_1013521PU2.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 普段の生活の中ではとても考えてみようとは思わないテーマで「最後に他人を褒めたのはいつだっただろうか? 」「自分を褒めたのはいつだっただろうか? 」など、自分の日頃の行いを振り返る機会をいただきました。また同じテーマでも、その受け止め方は参加者の皆さんによってさまざまで、それを聞かせていただくことによって、自分の考えの幅が広がりました。ありがとうございました!
v



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web