« No.1454 奈良木村塾 開講  | HOME | No.1456 第2期「コリアンビジネススクール関東」で講演 »

2014年06月25日

No.1455 大阪木村塾 BS経営相談所 6月度 開催

6月20日、大阪木村塾6月例会が大阪産業創造館で開かれた。
我が人生のDVD上映の後、今回は「メシが食える力をつけなさい」をテーマに
私がいかにしてピンチをチャンスにしてきたかをお話させていただいた。

病弱だった父に代わって働いた中学時代ドブロク造りや炭焼きに始まって、これまでに手掛けた事業は30種類に上る。
労働者派遣、ガス埋設工事、不動産仲介、建売住宅販売、パチンコ店、喫茶店、焼肉レストラン経営、・・・
それも勤め人としてではない。すべて自分で始めた事業だった。
学歴も経験もなかったために「勤める」という発想すらなかったが、そのことが幸いした。

一方、私はいつも事業のうちのいくつかを同時進行で複数こなした。
そればなぜか? 一つの事業だけだと万一の時に心配だからである。
しかし、私の身は一つ。事業が軌道に乗ると人に任せた。そうすれば多角展開できる。
時代変化に対応し、対応できないものは消え、残るものは残りながら、ダブルインカム、
トリプルインカムの仕組みをつくることができた。
こうして50年以上続いている会社が1社、30年が1社、あと2社は20年以上、今なお続いている。

変化に対応すれば、どんな時代にもどんな状況のときにもチャンスが待ち構えている。
とくに変化が大きい時ほどチャンスだ。
若いから、年を取っているから、経験がないから、お金がないからできない、というのは全て言い訳だ。
お金がないのは、引っ張って来る力がないだけだ。

今回は私の話を30分で切り上げ、残り時間を全て白熱問答に費やした。
「始める時の判断、反対に辞める判断はどこで? 」「人に任せるとは? 」
「落ち込んだ時はどうしてリカバリーするのか? 」・・・等々
次々と挙がる手に私のテンションもどんどん加速。エネルギッシュなセミナーとなった。
今回もご紹介などで新規の方が半数ほど占めた。有り難いことだと思う。

IMG_0002%91%E5%8D%E36%8C%8E18%93%FA1.jpg IMG_0008%91%E5%8D%E36%8C%8E18%93%FA2.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 「自分にチャンスを与えよ! 誰も与えてくれへん」。心に響きました。
・ 熱くて面白かったです。「失敗しても経験が儲かる」「やらないと大損」「人に任せる」「大きなピンチは伸びるチャンス」「やれば出来る」。心に刻んだ言葉です。
・ 小さな考えで日々過ごしていることを反省し、考え方を180度変えていこうと思いました。
・ 本音の言葉を聞かせていただき魂が揺さぶられました。一つ質問です。木村会長は「任せるのが上手い」と仰っていましたが、人に仕事を任せるポイントを教えてください。
・ 今回のセミナーでは「殖やす」が印象に残っています。お金に限らず、人のために何かを殖やすという視点が大事だと思いました。
・ 木村会長が今までやってこられた事業についての話や、質問形式でのスタイルで木村塾のエッセンスがぎっしり詰まった1時間半でした。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web