« No.1474 名古屋木村塾 第9回セミナー開催 | HOME | No.1476 仙台木村塾 第3回セミナー開催  »

2014年07月29日

No.1475 札幌木村塾 第4回セミナー開催

7月23日 札幌市教育文化会館にて、札幌木村塾第4回セミナー開催。
セミナーに先だって会場で経営相談を実施した。相談者は市内でジンギスカン料理店を経営するNさん。
あらかじめ自社の10年後のBSビジョンを策定し、決算書と一緒にご自参された。
マンツーマンでお話をうかがうと新たな夢や経営課題が浮き彫りになってくる。
木村塾では、セミナーだけでなくこんな勉強もできるのだ。

わが人生のDVD上映で始まったセミナー。
今回はご自参いただいた自社の決算書(ない方はこちらで準備した決算書)を見ながら
BSの読み方、決算書による経営分析などを通じて「BS経営の極意」をお伝えした。

一方、最新情報としてカンボジア・メシの種探しツアーの報告をさせていただいた。
「アジア最後のフロンティア」といわれるカンボジア。
メシの種の手応えも今まで訪れたアジア諸国の中で一番といっていいほどあったが、
それにも増して大きな収穫があった。
「自分の中の可能性に気付いた」という声だ。
メシの種探しツアーは、自分の潜在能力発見ツアーでもある。

会場ではツアーに参加された宍戸塾長自身も感想を述べられたほか、参加者の感想文をご紹介させていただいた。
また、カンボジアツアーのレポートを5回に渡って私のブログに連載したが、その記事もコピーして参考資料としてお配りした。

屯田兵によって開拓された北海道。
皆さんのご先祖の多くは、過酷な自然環境と闘って大地を掘り起こし、
文字通りメシの種を蒔いてこられた。北海道の歴史はそのままフロンティアの歴史だ。

百聞は一見に如かず。百見は一行に如かず。
まずは、現地に出向いて肌で感じてほしい。
皆さんの中にあるフロンティアのDNAがじっとしていられなくなるだろう。
11月末にもカンボジア・メシの種探しツアー第2弾を実施する。

質疑応答タイムもひっきりなしに手が挙がりパワーみなぎるセミナーとなった。

IMG_0001%20%283%29%8ED%96y7%8C%8Em.jpg IMG_0008%8ED%96y7%8C%8Em.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 人生一度。悔いなく生きようという強い想いをさらに強く磨くことができました。熱魂をますます燃やして進化し、すばらしい人生を満喫します。
・ 会長の74歳で溢れんばかりのエネルギー、驚かされます! オンリーワンの事業を興しながら、3年目経った今、自分がぬるま湯に浸かっていると気付かされました。広い眼で事業を見直してみます。
・ 3回目の参加です。私も行動を起こします。本業の枝葉になるものを遣りたいと思っていましたが、世界を見て考えたいと思います。
・ 2回目の参加ですが、前回よりも内容がより深く理解できました。転職した会社が、自分の企画をカタチにできる社風ですので社内起業する気持ちで頑張ります。
・ カンボジアに行って起業することを想像しましたが、今ある事業で資金を貯めて海外展開を考えていきます。木村塾で学び続けて日本を強くして人々が喜ぶ働きをします。
・ 昨日、スキージャンパー、レジェンド葛西選手の話を聞いた中で今日のお話。逆境を乗り越えてこそ成長すると感じました。失敗が経験になるというのは、若いうちに苦労を買ってでもしろと理解しましたが、さらに今日の話を聞いて「若いうち」を外すことにしました。
・ 木村さんは大阪に出られた時から、儲かる事業を川上にシフトしていくのが大変上手な方だと思いました。「メシの種」「チャンス」を見分ける力が大変強い。その力をいかにして磨いてこられたのでしょうか? お聞きしたいです。
・ 「成功するとお金が儲かる。失敗しても経験が儲かる」名言です。「変化がチャンス。できない理由を並べるのは言い訳」。「メシの種を自分で創る」。起業家の話は自分に置き換えることができました。
・ 経営相談ありがとうございました。本日いただいたアドバイス。早速実践してみます。
・ 学生です。「変化に怯える人」の例として「若いから無理と考える人」があり、ショックを受けました。歳は関係ないのですね。私の中で勝手に「35歳ぐらいがいいところかな」と思っていましたが、「今から!! 」と思うことができました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web