« No.1480 福岡木村塾 第8回セミナー開催 | HOME | No.1482 木村塾パワーアップセミナー 「今の自分を部下に持てますか?」 »

2014年08月16日

No.1481 福井木村塾 第7回セミナー開催

8月7日 福岡(博多)から新幹線で一度大阪に戻り、所用を済ませてJRで福井へ。
福井中小企業産業大学校にて福井木村塾 第7回セミナー開催。

セミナー前に あわら市にあるF社を訪問した。
インターネットを使った中国の輸入手続代行サービスで業界トップクラスの実績を誇る。
M社長は30代。トラックドライバーなどいくつかの職業を経て4年前に起業、
弊社が主催していたBS経営塾で勉強された。
その後、社長以下、幹部や社員さんが一丸となってBSビジョンに向かった結果、
来期には自己資本が100倍に届く勢いで急伸している。

驚くのは決算書だけでない。
1年ほど前に訪れた時と比べて社内や倉庫が見違えるように整理整頓されていたことだ。
今回の訪問では、中国出張中の社長に代わって経営幹部と面談。12名の社員さんにも
「頑張りが社内の空気や決算書に現れている」と激励した。
ちなみに経理担当のT部長は元銀行マン。F社と取引する中でM社長の理念とビジョンに賛同して転職された。
リスクを取ってもチャレンジングな人生を選択したT部長もまた、起業家だ。

セミナーでは、このF社を例に挙げて「起業家」と「理財能力」についてお話しさせていただいた。
起業家とは「カタチを変え」「メシのタネを創る人」。
理財能力は「資産運用能力」という意味だが、「どんな変化に遭遇しても生き残る力」といってもいい。
国家や会社に頼らず世界中にビジネスのタネを蒔く華僑の人たちが好んで使う言葉でもある。

起業家ならば、理財能力も磨きたい。

IMG_0004%95%9F%88%E487s.jpg IMG_0015%95%9F%88%E487m.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 木村塾に通い始めて早3年! 会長の話は毎回、心に響きます。「やってみなわからん。やったことしか残らん」。8月、私のチャレンジがいよいよスタートします!!
・ 当社の行動指針は「できないことはない。できる方法を考える」。この指針に沿って今までやってきて運良く失敗したことがほとんどありません。次回はぜひ失敗事例を聞きたいです。
・ 「成功の反対は失敗ではない。チャレンジしないこと」。この言葉は自分に言われているようで身に染みました。失敗は当たり前、その先に成功があるんだと思いました。
・ 銀行員の立場で拝聴しました。起業とは次の日本を支える、もっとも大事な事であると思います。能動的に挑戦を続けることの重要性を再認識しました。
・ 1回2回失敗しても再チャレンジする事は大事なことと改めて思いました。成功と失敗は同じベクトルにある。新しい気付きでした。
・ 一社員として働いていますが、ただ漫然と働くだけでなく起業家精神を持ちながらやっていきたいと思いました。
・ 「変化対応力と根性は女性のほうが勝る」。私もそう思う女性です。何かできるのではという気持ちと、常識に呪縛されている気持ちが入り混じる中でやる気が出て来ました!
・ 起業家は直観力と変化対応力! そして根性。男性より女性に向いているという点で、これからも男性に負けないよう、挑戦していきます。自分の長所を伸ばし、欠点は周りの人に助けてもらって。ありがとうございました。
・ 「行動しない人がほとんど」。その通りだと思います。いい話を聞いただけで終わらないように行動します!



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web