« No.1481 福井木村塾 第7回セミナー開催 | HOME | No.1483  益田法人会主催「平成26年度第2回法人学校」で講演 »

2014年08月18日

No.1482 木村塾パワーアップセミナー 「今の自分を部下に持てますか?」

8月6日 第1044回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「今の自分を部下に持てますか?」。

初参加の方を数名お迎えしてフレッシュな空気の中での開催となった。
私は福岡木村塾で不在だったため、レポートを河村さんにお願いしした。

__pu865.JPG __pu864.JPG

ややハードルの高さを感じる本テーマ。冒頭、リーダーの岩田さんより、
「自分をビジネスパートナーにできるか、という視点でアプローチしてください」と補足説明があった。
各々自分の長所と欠点を分析した上で、
「ビジネスパートナにしたい」「いや、できない」と、思うところをスピーチされた。

私は基本的に社員の入社に際して人を選ばない。
が、強いて言うならば「私みたいな人は絶対に部下にはほしくない」。
なぜなら、大ボラを吹くし、得意分野はないし、好き放題だし、使われる人財としていいところは一つもない。

だからといって、自分を恥じ入って落ち込んだりはしない。
自分がこんな人間だからこそ、そうではない人が周りに集まってサポートしてくれるからだ。
アメリカの石油王・アンドリュー・カーネギーの墓石にも、こう刻まれている。
「私よりも優れし人を使った人、ここに眠る」と。
私も人財には本当に恵まれたと思っている。

仕事にはさまざまな分類があるが、大まかにはこの三つだ。
サラリーマンか、職人(専門家)か、起業家か。
ちなみに、サラリーマンになるには学歴(履歴書)が、職人になろうと思えば専門知識やスキルを身につける時間が必要だ。
14歳で社会に出た私には、そのどちらもないゆえに自分で事業を興した。
しかし、このことが結果的にすばらしい人生を開いた。

どの人にも長所と欠点がある。生まれ育った環境や置かれた条件もさまざまだ。
それらを全部受け入れることだ。そして「できる方法」を探っていく。
そうすれば、どの人も皆、美しい花を咲かせせることができるだろう。

__pu861.JPG __pu862.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 思い通りに恥かけたのでよかった。自分の思いを伝える、アウトプットできる場というのはなかなかないのでいい経験ができました。これからもできる限り参加して、さらなる恥をかきます!!
・ 自分が思い浮かばなかったお話を聞けて本当によかったと思います。さらに自分磨きを頑張っていこうと思いました。
・ 自分自身をパートナーとして持てるように人生を経験して行く。スピーチ時は目線の位置に注意することなど学びました。
・ 人前で話しをすることの難しさを知りました。皆の目を見る、重要なのは第一声など、とても勉強になりました。次回は皆の目をしっかり見て話しをしたいと思います。
・ 会長ならこのテーマに対してどのように応えられるか、尋ねてみたかったです。
・ 今回のテーマは難しいかな、と思っていましたが、トライしてみたらある程度できたかなと思います。チャレンジできる機会をいただきありがとうございます。
・ 入社してから考えたこともなかったテーマでした。改めて自分を客観的に見ることができました。さらに浅田先生からフィードバックしていただいて勉強になりました。
・ スピーチは苦手な分野です。ディベートの方が好きなタイプの性格なので緊張して声が震えてしまいました。それでも先生からお誉めの言葉をいただけたので物凄く嬉しく、これからも頑張りたいと思いました。
・ アイコンタクトについて浅田先生からアドバイスいただき、大変ありがたく思いました。自分自身が課題と考える点についてコメントいただき助かりました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web