« No.1486 クリスタルホテル南千里 研修会で講演 | HOME | No.1488 京都木村塾  8月例会開催 »

2014年08月29日

No.1487 木村塾パワーアップセミナー 「本当のお客様はだれか?」

8月20日 第1045回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「本当のお客様はだれか?」

初参加の方を数名お迎えしてみずみずしい空気に包まれた。

「私にとって本当のお客様は孫です」というユニークな発言もあったが、
ほとんどの方は、文字通り「お客様=ビジネス上の顧客」と捉えてスピーチされた。

「顧客満足」という言葉がある。
ご存じの通り、お客様の満足度が消費を決めるとする考え方で、いまなお商売の基本とされるが、
私はその前に「内なる顧客満足」とでも言おうか、「従業員満足」があるのではないかと考える。

その製品をつくっている人やサービスを提供する人たちが、仕事に満足し、
喜びをもってモノやサービスを提供することが、結果として顧客満足につながるのではないかと。
経営者にとって真のお客様とは、お金を払ってくださる顧客だけではなく
目の前にいる社員やブレーン、ひいては自分自身でもあると思うのだ。

また、こんなふうにも考える。
木村塾でいえば、お客様は皆さんということになるが、
皆さんの期待に応え満足感を得ていただくには、私自身が日々勉強し成長していなければならない。
そして、私の成長はお客様である皆さんから学び、気付く中で磨かれる。

私の60代は黄金の年代だった。
70代はそれ以上に素晴らしい年代だと思っている。
今なお自分の成長を実感できるからだ。
これも日々皆さんから学ばせてもらっているお陰だ。

共に学び、共に成長する。
本当のお客様とは、お互いが学び合い、成長し合う関係の中にある。

IMG_0020pu820.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 脳味噌がペローンとひっくり返りそうな大きなお題でした。目の前の人を幸福にすること、そのコミュニケーションが取れるとさらに自分の本当のお客様の枠が広がると思います。皆さんのお話、浅田先生のフィードバックがとてもためになりました。
・ 良いテーマでした。「内なる顧客満足」。自分がやっていて良かったと思えない限り顧客満足は得られない。ナルホド、と思いました。
・ 私は今まで「儲ける」について「信じる者は儲かる」と捉えていましたが、Iさんのおっしゃった「信頼されるものは儲かる」。まさにその通りだと思いました。自分の我だけを通すのではなく、周りを見て「信頼される人」人格を育てなければいけないと思いました。
・ 内容も分からず参加しましたが、面白そうな会だな、ということはよく分かりました。
・ 本当のお客様とは、人と人とでつながる関係性、共に成長していける関係性、厳しく自己成長させてくれる関係性だと。
・ 初参加でしたが、皆さんの話を聞くことができ、気付きの多いものになりました。自分が話すことにより「変化する自分」に気付きました。
・ 初めて参加させていただきました。難しいと思って悩んでしまいましたが、皆さんの発表を聞いて勉強になりました。自分を磨くためにもっとチャレンジしたいと思います。
・ 今日も楽しかったです。今度は一番に発表します。自分を見つめ直す時間になりました。
・ 笑顔で話す。アイコンタクトを取る。自分に足らない事が分かりました!
・ 参加者たちの考えを聞いて視野が広くなりました。また次回も参加します。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web