« No.1498 木村塾やってみよう会 9月度例会 | HOME | No.1500 「枚方近畿経友納税会」「近畿産業信用組合香里支店」共催、次世代経営セミナーで講演 »

2014年09月25日

No.1499 木村塾パワーアップセミナー 「人脈とは? 」

9月17日、第1047回 木村塾パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「人脈とは?」。

発表された皆さんは、「脈」という言葉がついているせいか、
山脈や血脈(動脈や静脈、脈拍)から人脈に話を膨らませる方が多かった。
それに倣えば、「縁」を分母に、「チャンス」を分子として山脈のようにつながっていくようなイメージだろうか。

ビジネスの中で人脈は金脈でもある。しかし、友人、知人、親族も含めて出会いさえすれば、あるいはフェイスブックでつながりさえすれば
人脈になるのではない。
人脈とは「信頼と誠実」をベースとしてつながるもの。私は、そう考える。

では、信頼や誠実はどのようにすれば築くことができるのか。
私は、極めてアナログ的な付き合いの中で時間をかけて育むものだと思っている。
実際に顔を見て話す。電話で声を聞く。そんなふれあいを重ねて育まれるものだ。

そして、自らのアクション、行動。人の真意は日々の行動に現れる。
言うだけでは、誠意は伝わらない。
いくらすばらしい考えや構想を語っても、行動が伴わなければ信頼は培われない。
行動で示すことだ。私もフェイスブックを活用しているが、人脈づくりが目的ではなく、
日々の行動を示すアクション情報の発信である。

また、人脈は「数を競うものではない」ことも付け加えたい。
インターネットの発達で誰もが世界中の情報を手に入れ、自分の言動を世界中に発信できるようになった。
それはすばらしいことだが、「お友達の数=人脈」と勘違いしてアクセス数に一喜一憂し、
四六時中、発信と返信に追われるのは本末転倒だろう。

真の人脈とは「信頼と誠実」をベースとして、深く関わることで生まれるもの。
ビジネスのチャンスは、そんな人脈の中から生まれるのだと思う。

なお、今回、一ノ瀬光明さんがめでたくパワーアップセミナー参加50回を達成された。
忙しい仕事の合間を縫って数年がかりでクリアされたが、その成長ぶりはすばらしい。
プレゼンテーション力だけではない。
皆さんのスピーチを真剣に聴くことで自らの魂も、どんなにか磨かれたことだろう。
その努力と成果を称え、私のオリジナル色紙を添えて表彰させていただいた。

IMG_0010pu9171.jpg IMG_0011%20pu9172.jpg IMG_0012pu9173.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 50回参加したら木村会長から表彰をいただけることに感動しております。自分もそれを目標にこれからも楽しみに参加させていただきます!
・ 「人脈は金脈」。人脈を金脈に変えるために何をすべきか知りたいと思いました。結局は自分で創る!
・ 人脈は山脈と思いつきました。個性豊かな集まりの山。お互いに助け合いことが人脈であり山脈と感じました。
・ 様々な角度から「人脈」を捉えることができました。どの方の意見も、表面上の薄い関係だけでは不足があるなと感じました。
・ 多くの人が「山脈」「決脈」と答えられていました。私も山脈と捉えていますが、自然にできるのでなく自分で積み上げていくものだと思っています。皆さんの話を聞いて、より頑張ろうと思いました。「誠実と信頼」。良い言葉です。
・ 難しいテーマでした。自分自身のことしか考えずに人脈をつくってはいけないが、ステージを考え人脈をつくっていこうと思いました。
・ 成長するということは、DNAが変わる!日々、成長できるよう魂を磨いて大切に1日1日を生きていきます。
・ 浅田先生の「話し方教室」の復活に期待しています。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web