« No.1532 木村塾パワーアップセミナー 「自分の可能性を諦めないためにしていること」 | HOME | No.1534 名古屋木村塾 第11回セミナー開催 »

2014年12月02日

No.1533 大阪木村塾 BS経営相談所 11月度 開催

11月21日、大阪木村塾11月例会が大阪産業創造館で開かれた。
今回は広島で進学塾を経営する傍ら、セブ専門留学エージェントを経営する本多正治さんをゲストスピーカーに迎え、
「起業家とは」をテーマにお話させていただいた。

本多さんがフィリピン・セブ島に開く「ファーストイングリッシュ」は、木村塾が主催する「メシの種探しツアー in CEBU」の
滞在拠点として私たちがお世話になっている学校だ。

本多さんは1971年、神戸市生まれ。大学卒業後、住宅設備メーカーのノーリツに10年間勤務して
創業資金を貯めた後に起業。
未経験の教育分野に進出し、学習塾大手「明光義塾」のフランチャイズに加盟。現在広島県内に9教室を展開する。
しかし、少子化の時代。一方ではグローバル社会の中で英会話の必要性がますます高まることに着眼し、
2年前からフィリピン・セブ島に、英語を勉強したい日本人のための滞在型英語学校を建設、留学事業を始動させた。

アジアの英語圏の中で特に質が高いといわれるセブ島の英語。物価や人件費が安いこの島で
滞在型英語学校を開くという事業を起こした本多さんは、名実ともに起業家だ。
何より我々にとって難攻不落の英会話がリーズナブルな料金で身につくことは嬉しいし、
現地の雇用促進にもつながる。

この事業を展開するまで本多さんは英語が得意ではなかったという。
また、かつて自身もカナダを視察したが、日本人同士で固まったりアルバイトに明け暮れたりなどで
英語が身に付かない現実を目の当たりにした。
そんな体験の中から誕生した滞在型のマンツーマン・システムによる英語授業。
学校では1日8時間、資格をもった先生から集中レッスンを受けるが
本多さん自身も1年間授業を受ける中、TOEICは400点台から800点台にアップした。

セミナーでは、本多さんが具体的な企業のプロセスや経営状況、現地スタッフのまとめ方などをお話しされた。
起業家とは、「カタチを変える人」であり、「メシのタネをつくる人」。
そして「情熱と熱意」こそ、起業家の原動力。本多さんは、それらを全て備えている。

近い将来、シンガポール、香港、上海にも英語学校を開くという本多さん。
最後に2035年をゴールに見据えた壮大なビジョンを発表された。

「1001人の起業家」をビジョンに掲げる木村塾。すでにその中からも沢山の起業家が誕生している。
これからは実践例として、世界を舞台に新ビジネスへ挑むチャレンジャーをどんどんご紹介していきたい。

IMG_0018%91%E5%8D%E32014%94N11%8C%8Em.jpg IMG_0015%91%E5%8D%E32014%94N11%8C%8Es.jpg IMG_0016%96%7B%91%BD%82%B3%82%F1.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 最前列というファーストクラスの絶好の席を確保できたお陰で木村会長の気迫溢れる経営談義や、BS経営を用いられた本多先生の実体験を間近に拝聴できました。起業家魂は誰しも持っている! 一度切りの人生を大切に生き抜くには、やる気を出すこと! と教わりました。
・ 木村塾では毎回違う人が話してくださるので、参加する度にいろんな発見があって面白いです。
・ 私はまだ学生ですが、新興国でのビジネスに非常に興味があります。本多さんのフィリピンの英語学校で来年2月からインターンをする予定ですが、参考になる情報が得られました。
・ 日本と国外の働く環境や価値観、文化の違いなどいろいろ驚きがありました。とくに語学については私自身、中高校の勉強は何の意味があったのかと思っていたのですが、この留学スタイルで日本人の真面目さとコミュニケーションがあれば働くステージが上がると聞き納得しました。
・ やはり行動が全てだと思いました。そしてビジネスの大切さも!「やってみなわからん、やったことしか残らん」です。起業家を招いて会長が解説を加えるスタイル、いいですね!
・ やってみないと何も始まらない。成功してお金を設けるか、失敗して経験を儲けるか。何でもチャレンジする。登る山を決める。最近少し忘れ気味だったので喝を入れてもらえた。
・ 本多さんの起業家魂に感動しました。私もセブ留学で英語を学びたいと思いました。
・ 非常に面白かった。このような話を聞ける木村塾は改めて有意義なセミナーだと認識しました。優先順位を上げて参加したいと思いました。
・ 塾生にしてください! 子どもも参加させたいです。
・ 本多さんの話に共感するところが多く、私自身今後ビルマとのコラボを進めていく上でとても勇気をもらいました。
・ 英語が話せなかったにも関わらず英語圏であるフィリピンで起業する発想が印象的でした。自分も理念をはっきりさせ10年後、20年後のビジョンを決めて生きていこうと思いました。
・ 今のご時世、安定を求めて冒険を避ける人が多い中、どんどん我が道を突き進む姿勢は見習わなければと思いました。私は学生ですが、今のうちにしておいたら良いことは何ですか? 就職や人生に役立つことを教えていただきたいです。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web