« No.1544 2015年1月度 実践目標の進捗報告 | HOME | No.1546 木村塾パワーアップセミナー 「より以上を目指して生きるとは? 」 »

2015年01月16日

No.1545 木村塾 やってみよう会 1月度「2015年目標発表」

1月13日、グランフロント北館7Fナレッジサロンにて第55回「木村塾やってみよう会」を開催。
新年初の木村塾、今回のテーマは「2015年目標発表」。
2人1組でのダイアードの後、参加者30人全員が一人ずつ前に出て2分間スピーチをしていただいた。

「年間265日4時半にガバッと起きる」「六甲縦走6時間切り」「10kgダイエット」「ジョギング月200km」
「お客様訪問100件・電話1000本」」「年4回アジア視察」「貯金150万円」「女性100人と知り合う」
「読書50冊・200頁以上の本に限る」「セミナー参加50回」「ブログ200回」「禁酒週2回」etc
それぞれが、心(学び)・技 (ビジネス)・体(身体健全)など公私とり混ぜ
目指す目標を具体的な数字を入れた言葉で嬉々とスピーチされた。
9月の実施が決まった「キリマンジャロ登頂」を、目標に組み込んだ方も数名おられる。

人と比べる必要はない。目標は自分が望む最高の状態をイメージして設定すればいい。
宣言された力強い言葉は、言霊となって脳に刷り込まれ「実現できる方法」を導き出してくれるだろう。
仲間のほとばしる言葉を浴びると、プラス思考の回路が高速回転して度量が大きくなる。

私が年頭に目標を掲げるようになって半世紀になる。
数字を入れて掲げるようになったのはバブルの崩壊で巨額の負債をつくった50歳の時からだが、
振り返ると私の人生は「思った以上」になった。
世間では「人生とは思い通りにはいかないもの」という定説があるのに、この違いは何だろう?
それは私が常識に呪縛されず「思えば叶うと」と信じて目標を掲げ続けたことだ。

数字を掲げて公言すれば、逃げることはできない。
目標達成の王道は、掲げた行動を「習慣」にすることだ。
そのためには「100」では弱い。「1,000」を単位として考えてほしい。
目標の先にあるビジョンのゴールとして5年先、10年先でいい。1,000回続けると習慣になる。
習慣になればハードルは低くなる。続けると本物になる。

今からでも遅くない。
まず決めること! プランを立てていない人は今すぐ数字を入れた目標を掲げて公言してほしい。

締めは門浦塾長が差し入れてくださった郷里、兵庫県香住の清酒で乾杯!
「共に学び、共に成長する」木村塾の幕開けにふさわしい力強くも清々しい会合になった。

IMG_0298%82%E22015m.jpg IMG_0310%82%E22015s.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 期待を超える素晴らしい回でした。皆さんの熱量に圧倒されると共に、自分の発言を通じて目標が腹落ちしていくのを感じました。2015年、成長します!
・ 皆さんの気が、聴き手に伝わり「やる気」が乗り移るようだった。目標を語り合う事でお互いが触発され、熱気がすごかった。
・ 人生初めてたくさんの人の前で目標を公言しました。発表するまでの緊張がピークに達していました。でも公言することにより自分自身に対する約束になるので、何が何でも達成してそれ以上のものを得たいと考えています。
・ 公言することにより自分の中からふつふつとエネルギーが出て来る実感しています。今年のテーマは「自分に勝つ!」公言は自分に勝つ、まさしくエネルギーの元です!
・ 絶対に達成させようという気持ちを強くすることができました。また皆さんの強い発表に自分も頑張らねばと! 私の目標は具体的な数字と期限があいまいなので再度検討します。
・ 皆さんの発表を聞かせていただいて、目標の立て方によってその方が見えるようになってきている自分に気付きました。自分の言葉に責任を持ちたいと思います。
・ 嬉しくなりました。皆さんのパワーを感じてさらに頑張らねばと。会長の「複利経営」とは「信頼、誠実だ」という話がとても心に残りました。
・ 目標を設定して公言する。とても気持ちいいです! やる気が溢れてきます! 12月の結果が、数字に残した自分を見るのが、楽しみでたまりません。
・ 異業種の方々の前で公表するという体験をして自分の中でさらに目標が明確になりました。
・ 1回で終わらすことなく最低30回は自分のビジョンを話します。
・ 「目標を達成するには習慣にすることを覚えて! 100回では弱い。1000回や!!」会長のお話にトドメを刺されて(^^)v



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web