« No.1550 大阪木村塾 BS経営相談所 1月度 開催 | HOME | No.1552 木村塾パワーアップセミナー 「変化に対応するとは?」 »

2015年02月10日

No.1551 広島木村塾 第4期 第1回セミナー開催

第4期に突入した広島木村塾。第1回セミナーが2月2日、袋町の広島市まちづくり市民交流プラザで開催された。
午前中に新幹線広島駅で竹内社長と合流、セミナー前に水野さん、川野さん両塾長のご案内で
3社を訪問させていただいた。

最初は安芸郡で和食レストランを運営するO社。
地域ナンバーワン店として実績を持つ店だが、訪問は2度目だ。
敷地の横にラジウム泉の健康施設を新たに開設されたと聞き表敬訪問させていただいた。
板前出身のO社長は60代半ば。今回のチャレンジは、地域に根付いたおもてなし企業を
目指す社長が、さらに地域の人に喜ばれるものをと始めたものだ。
カタチを変え、新たなメシの種をつくるO社長。その起業家魂に拍手を送りたい。

2社目は広島市内にある医療法人Iクリニック。
1992年に開業、クリニック関連事業のほか介護関連事業を運営し、医療と福祉の両輪で地域を支える。
I 院長は「医療とはサービス業。あなたがいるからここに来る、と言われる人間力の高い
集団になること」と語る。
すばらしいのはホスピタリティ精神だけではない。I 院長の経営力だ。
負債ゼロの無借金経営。しかも盤石のBSを築いておられる。

そして、3社目は広島に本社を置き保育サービス事業を全国展開するA社。
創業は1966年。先代の始めたテレビレンタル事業を受け継いぐS社長が、新たに病院の院内保育に着目。
現在、病院や企業内の託児所・保育所のほか認可保育所を含めて全国に200以上の保育所を運営する。
「幸せ造りのお手伝い」を企業理念に掲げるS社長。こちらも強いBSを築いておられる。

セミナーでは、この訪問先のうちクリニックのI院長と保育サービス事業を展開するS社長にご登壇
願ってBSビジョンを発表していただいた。
決算書を開示してのビジョン発表は、塾生にとって最高の教材だ。

温厚、謙虚な人柄で従業員や患者さんから慕われるI院長と、
強いリーダーシップで従業員を引っぱるS社長。
タイプは異なるが、内に秘めた情熱は共通だ。
人を惹きつけ人を巻き込むのはトップの情熱。それを理念や数字入りのビジョンにして語ることだ。
そして、決算書の数字(とくにBS)が有言実行の証になる。

今回も大勢の方にご参加いただき、会場は熱い空気に包まれた。
企業訪問との連動スタイルもすっかり定着し、訪問を希望される塾生さんが増えている。
まさに「共に学び共に成長する」セミナー。何より私自身が一番学ばせていただいている。

IMG_0347%82%D0%82%EB%82%B5%82%DC4-1m.jpg IMG_0361%82%D0%82%EB%82%B5%82%DC4-1s.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 経営者として本来見るべきこと、行動すべきことがぎっしりと詰まった時間でした。信条を太く固くしていくためにもまた参加したい。
・ BSを強くして良い会社にしていきたい。経営者は熱くないといけないと新たに思いました。
・ I 院長の理念と算盤の経営、S社長の高い志の燃える経営。とてもすばらしい内容でした。経営者は強い使命感を持つこと。社員さんに背中を見せる。人生ビジョン=経営ビジョン。そんなビジョンを持つことが大切なのですね。
・ 数字という結果をしっかり残せてこそ、思いや考えは伝わる。できないのではない。やり方を考え抜き、お客様のお役立ちを考え結果を残すこと。強く感じました。
・ 不況の中、企業と従業員、お客様をいかに守るかに専念し、だんだん縮小してきましたが、明日から少しは態度が変わると思います。
・ 指導者の一念を感じました。健全な価値観から生まれる一念、ビジョンや使命が伝わり強い社員さんとのつながりが、より良いサービスや商品を生むと感じました。
・ できない理由、やれない理由を考えるのではなく、どうしたらできるのかを考え行動する。現場で教える時に今日学んだこと生かしていきます。
・ @社員さんの人生ビジョン=経営計画 A自己資本=変化対応資金 B常に考える。ポイント3ついただきました。BS経営を継続します。
・ ビジョンを立て、それに向けてどうすれば達成できるのか? それには熱い思いが必要なんだと学ばせてもらいました。
・ ためになる時間でした。実際の経営計画書を見ながらの説明で分かり易く、自社と比べることができて良かった。
・ 2人の発表者は広島を代表する経営者で非常に濃い発表でした。1回に2人は勿体ないくらいでした。
・ 若さ弾ける経営者の行動力に圧倒されました。古い経営者の私には良いエネルギーをいただきました。
・ 「行動こそ真実」「自己資産は変化対応資金」「変化はチャンス」「熱い思いは全て自分次第」明日から改めて燃えて頑張ります。
・ 「常に問いを投げ掛ける」。改めて認識しました。行動に重点を置いて活動します。
・ 心に残る言葉をたくさんいただきました。経営者としての熱い思いをもっともっと持たなければならないと。背中を見て付いてきてくれる社員を一人でもつくりたい。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web