« No.1580 木村塾パワーアップセミナー「成果を上げるための秘訣とは」 | HOME | No.1582 「心と頭を鍛える経営者応援セミナー」で講演 »

2015年04月14日

No.1581 名古屋木村塾 第12回セミナー開催

3年目に突入した名古屋。今回より会場を「国際センター」に移し第12回名古屋木村塾が開催された。
五藤久豊塾長率いる新体制の元、幹事さんが話し合いを重ねた結果、今年度は年2回、
企業訪問と連動した「BS経営」実践セミナーを実施する。

その第一弾として、セミナー前に幹事さんと市内で建築資材卸販売を営むT社を訪問させていただいた。
設立12年、I 社長は42歳。
お客様や社員との信頼関係を大切にして堅実経営を実践されているが、財務基盤がまだ弱い。
課題は「登る山」を決めること。
どんな会社になっていたいか。社員さんにどんな夢を持ってもらいたいのか。聞き出す中で、
I社長が50歳を迎える8年後、20期のBSビジョンを策定させていただいた。
今後は積み上げた自己資本の運用も視野に入れステージを上げていくことだ。
強いBSは経営最強の武器となる。
「登る山」が見えるにつれ、瞳が本気モードに切り替わるI社長。
ビジョン策定のプロセスを目の当たりにされた同行の幹事さんらも、その威力に驚かれた。

セミナー会場では、皆さんが座ると身動きが取れないほど満席にしていただいた。
テーマは「強くてよい会社をつくる」。
強い会社とは潰れない会社、良い会社とは人財が育つ会社だ。
そのためには中長期的なスパンで「BSビジョン目標」を創り、幹部社員と共有すること。
そして、積み上げた自己資本を株主視点で運用していくこと。
理念とビジョンをしっかり共有すれば、戦略は各自で考える。
「BS経営」は、社員一人ひとりの潜在能力を引き出して「人財」を育てるメソッドでもある。

合せてI 社長にご登壇いただき、策定した8年後のBSビジョンを発表していただいた。
あとは「登るだけ」だ。ここで何十人もの人の前で公言したことが潜在能力を開花させる。

新体制の元、幹事さんのやる気と参加者さんの真剣な眼差しに私の魂もスパークした。
質疑タイムには「BS経営で複利計算というのがよく分からない。もっと説明を」など、
私の説明不足を補うありがたい質問も。
セミナーは私にとっても学びの場だ。

懇親会も質問が相次ぎ、セミナー同様、白熱した空気に包まれた。
貴重な時間を費やして集まっていただいた方、一人ひとりにとって「学ぶ場」になるよう
全力を傾けて講演している。
私にとってセミナーや企業訪問のこの2時間は、まさに「学び」のライブステージだ。

IMG_0699%82%C8%82%B2%82%E212a.JPG IMG_0698%82%C8%82%B2%82%E212b.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ BSを強く、自己資本を厚くすることを目標にして経営していましたが、今日の勉強で自己資本の30%を運用していくという考え方が弱かったと感じました。積み上げた自己資本をしっかり運用してさらに強くしていくという気持ちが弱かったのはビジョンの大きさだと気付きました。本当に勉強になりました。
・ BSを意識することでPLもよくなる。BSを意識して経営することで利益が膨れ上がることを理解できた。BS経営を心掛けていきます。
・ 会社でドラッカーの本を通し、起業家ではなく企業家精神を学んでいる。学びは違うが明日の経営管理者をつくることに重きを置いている短は同じだと思った。私は平均を基準にしたり現実性を考慮する所があるが、まずは自分への期待をそのまま目標にしてみることが大切だと感じた。
・ 「思ったことが現実になる」との最後の塾頭の一言がとても心に残った。1回目より2回目。より理解できたのが良かった。
・ BSの知識があまりなかったのでこれを機会に学んでみたい。自己資本はどのように運用していくのか興味を持った。
・ ビジョンの重要性、それと私利私欲ではなく「公利公欲」を理念に掲げることの大事さが分かりました。
・ 木村氏の存在を知らなかった自分に反省しています。反面、今日をクサビとして新しい発見と進化ができると感じました。
・ 説明が分かり易く、BSで複利式のレバレッジは大変勉強になりました。実践してみます。
・ BS経営、ROE10%がとても印象的でした。1人当たりの自己資本額も、とても明確な指標だと感じました。強くて良い会社はBSが良く、人財が育っている会社⇒財務内容をオープンにして社員の経営マインドを育てる⇒後継者を育てていくこと、すっぱり権限移譲することで社員が育っていく。意識していきます。
・ 製造業の技術部門で働いており、最初は場違いな所に来てしまったのではと思いましたが、お話を聞いているうちに来て良かったと思いました。
・ 分からない事がたくさんありました。でもたくさんメモを取ったのでもう一度読み返して、クリアにしていきます。起業家を目指します。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web