« No.1591 木村塾 やってみよう会 5月例会@ | HOME | No.1593 福岡木村塾 第11回セミナー開催 »

2015年05月20日

No.1592 横浜木村塾 第11回セミナー開催

5月13日 セミナーの前に千葉駅で横浜木村塾の松尾塾長、弊社UBIの竹内社長と合流、
松尾塾長と同じく美容サロンを展開する鎌ヶ谷市のT社を訪問させていだいた。
A社長は45歳。高校中退後、美容師を志してこの道に入り、現在、東京・千葉・茨城で
32店舗を展開する敏腕経営者として知られる。

すばらしい理念を掲げて、売上、店舗数だけでなく職場に保育所を併設するなど福利厚生面でも業界をリードするT社だが、決算書を見るとBSがまだ弱い。
今後の課題は、規模を誇る「大きい企業」から、屋台骨となる強い財務基盤をもつ「強くて良い企業」への転換だ。

訪問後、A社長を伴って千葉から横浜のセミナー会場である横浜市開港記念会館へ。
新年度で初めての開催とあって、フレッシュマンたちの姿が目立つ。
冒頭、そんな皆さんに2人1組になってもらって
「10年後のすばらしい私」をテーマにダイアードを実施。
DVD上映をはさんで「ビジョンの持つ威力」をテーマに講演させていただいた。

思えば、我が人生は「ビジョンによってつくられた」といっても過言ではない。
17歳で大阪に登ってきた時に抱いたビジョンは「20万円の貯金」。
当時のお金で20万円は、不測の事態が起こっても一家6人が1年間食べていける額だ。
ここからスタートして、25歳の頃には一端の経営者になっていた私だったが、
以降「売上高」という目標を掲げていろいろな事業に挑戦した。

そして50歳。バブル経済の崩壊で奈落の底に叩きつけられた私は、経営を根本から学び直し、
BS(バランスシート)にある「自己資本」という新たな目標に向かった。
その結果、我が社は何かあってもびくともしない、そして優れた人財が育つ会社へと変わっていった。
ちなみに売上や社員数や店舗数が「建物の上モノ」とすれば、自己資本額は「建物の土台」、鉄骨だ。
どんなに立派なビルも、基礎工事をしっかり築いていなければ砂上の楼上だ。

また、ビジョンは「つくればよい」というものではない。「数字を入れ、公言する」ことが大切だ。
言葉はいかようにも誤魔化すことができるが、数字はそうはいかない。
公言すれば自らにプレッシャーを与えて「できる方法」を考える脳になり行動が変わる。

この日、10年後のビジョンを公言した皆さんは、常識との闘いになるだろう。
「人様に迷惑をかけるな」「夢みたいなことを言うな」「金の話をするな」という常識との!
常識に毒されてはいけない。
大ボラでいい。いや、大ボラがいい。大ボラは大志だ。
チャレンジにリスクはつきもの。成功の反対は失敗ではなく何もしないことだ。
ビジョンを公言して果敢に挑めば人生は思った以上になる。

セミナーでは、ビジョン実現の実践部隊でもある竹内社長からその戦略と体験を、
また、美容界のカリスマであるA社長から10年後のBSビジョンを発表していただいた。
若い塾生さんたちの熱視線を浴びて起業家スピリッツが炸裂する力強いセミナーとなった。

IMG_1213%82%E6%82%B1%82%CD%82%DC5%8C%8E1.JPG IMG_1215%82%E6%82%B1%82%CD%82%DC5%8C%8E2.JPG IMG_1217%82%E6%82%B1%82%CD%82%DC5%8C%8E3m.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 私もビジョンに上限を決めず「ここまでやる」という目標を掲げて頑張っていきます。
・ 「実力の差ではなく、ビジョンの差!!」常識、平均に捉われずに人から笑われるくらいのビジョンを立てて達成していこうと思います。
・ 入社するまで周囲から「人並みになってくれ」という言葉をたくさん言われました。その中でこれぐらい頑張れば大丈夫、周りがこれぐらいだから自分もこれぐらいでいい、などの考えが自然に出来ていました。でも、この言葉以上、大きなビジョンを立てこれから頑張っていきます。
・ 「お金がないのはただの言い訳」。この言葉をしっかりと受け止めます。まずは会社を立ち上げる資金を自分で産み出したいと思いました。
・ 「成功の反対は何もしない」という言葉が響きました。これから成功するためにチャレンジしていきます。
・ チャレンジ精神が大切。何もしないのではなく、失敗も成功も経験して成長していきます!
・ 固定観念に捉われていました。これからは仕事の中で常識に捉われず、まずは行動を起こしていきます。
・ 4回目の参加です。美容師アシスタント4年目です。1年目と比べると木村会長や経営者の方のお話を理解することができ自分の成長を実感します。
・ 独立起業の夢を持つ者として木村会長やA社長、S社長のお話が聴けてよかった。ビジョンの実現に向けて頑張ります。
・ 社会人になったばかりで経営の話は難しいところもありましたが、これから夢を実現するにはどうしたらいいのかなど、たくさん考えることができました。
・ BS経営の言葉の意味が分かり、すごくスッキリしています。BSビジョンを立てると自分とのギャップに気付き、何をすべきか、何がしたいのかがすごく明確になってきました。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web