« No.1595 釧路木村塾 第2回セミナー開催  | HOME | No.1597 木村塾パワーアップセミナー「10年後の私」 »

2015年05月27日

No.1596 帯広木村塾 第3回セミナー開催 

5月19日 釧路の大久保塾長に車を出していただき朝8時にホテルを出発、
広大な十勝平野を横断して帯広まで3時間弱のドライブ。
十勝平野は日本最大級の穀倉地帯で、帯広の農業自給率は800〜900%という高さだ。
雄大な風景を眺めながら車中も大久保塾長、竹内社長らと経営談義に花が咲く。

とかちプラザで開かれた帯広木村塾の第3回セミナー。
今回は「強くてよい会社とは? 」をテーマにお話させていただいた。

経営者には概して「PL型」と「BS型」がある。
PL型は売上志向で店舗数や社員数などの規模を誇る経営者。節税を心掛け、自社ビルを持ちたがる。
一方のBS型は、純利益・自己資本志向、積極的に納税をして長期的展望で経営計画を立てる経営者だ。
収益性のない自社ビルなどは持たずに、キャッシュフロー経営を心掛ける。
いずれも私が独自に定義付けた分類だが、前者は損益計算書(PL)を、
後者はバランスシート(BS)を重視することから、私はこのようにネーミングした。

私自身も50歳までは典型的なPL経営者だった。
しかし、バブルの崩壊で手痛い失敗を機に、経営を一から勉強し直す中で、BS型経営にシフトした。
私が提唱する「BS経営」は、小さくても「強くてよい会社」をつくる経営の王道である。
そして、長期的展望に立った未来の自己資本目標「BSビジョン」をつくって
経営社員(幹部社員)と共有する。

セミナーでは、事業承継した竹内社長が、ビジョンに寄せる熱い想いを語ると共に
驚異的な成長を遂げた弊社の秘密を解き明かした。

今回は講演時間を短縮し、白熱問答の時間をたっぷり取って参加型のセミナーに。
引き続いて前回と同じく塾生さんの店でもある焼肉レストラン「平和園」での懇親会。
十勝産の焼肉に舌鼓を打ちながら共に学ぶ仲間たちと交わすビールの旨さといったら!
しかも、温泉天国の北海道。この夜もホテルの温泉に極楽気分でゆったり浸かって爆眠。
これぞ幸せと呼ばずして何と言おうか。

IMG_1408%91%D1%8DL5%8C%8E1.JPG IMG_1407%91%D1%8DL5%8C%8E2.JPG IMG_1413%91%D1%8DL5%8C%8E3.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ BS経営のお話は目からウロコでした。これからのビジョンが見えました。お話を聴いて、今までの自分の経営の有り方に間違いはなかったこと、そして未来が見えてよかったです。
・ 2回目の参加でしたが、竹内社長のお話が印象的でした。チャレンジする事で失敗を活かしていきます・
・ チャレンジして学んでいく事の大切さを感じました。ありがとうございました。
・ BSビジョンの大切さを初めて知りました。自己資本の数字と目標達成すること。売上を追わない。金を集める→使う→稼ぐ→貯める。起業家の本当の意味。経営問答も分かり易く、とにかく「熱意」が一番だと思いました。
・ チャレンジし続けなければダメ! あきらめず頑張ってやり続けます。人生は一度切りだから。
・ 「やる人と、やらない人の二通り。やり続ける人が成功する」という事がよく分かりました。
・ 自己資本を貯め、チャレンジマネーを貯め、新事業にトライできる会社を目指します。
・ 数字を知っている人、お金の勘定ができる人は、数字やお金の価値、重みを知っている、理解できるということ。とても大切だと痛感します。
・ 自分を信じてやり抜く事を、なお強く感じました。
・ 3回目の出席です。出今回はチャレンジ精神の必要性を考えさせられました。毎回、気付き、学びがあり元気をもらいます。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web