« No.1603 益田中学校で生徒120人を前に講演 | HOME | No.1605 大阪木村塾 BS経営相談所 5月度 開催 »

2015年06月08日

No.1604 木村塾パワーアップセミナー「変化する(カタチにする)ために必要なこととは?」

6月2日、北区にあるマジック・バー梅田店で第1062回パワーアップセミナーを開催。
テーマは「変化する(カタチにする)ために必要なこととは?」

変化は必然。太古の昔から変化に対応したものだけが生き残る。
変化に対してリスクを取って向かっていく人がチャンスを掴む。
変化対応力は起業家にとって必要不可欠の条件だ。

とにかく何でもやってみる。情報をとらえ頭で考え、学びをふまえて行動に転嫁していく。
問題意識を持つ。数字を入れたビジョンを持つ。環境を変えてみる。
ドラスティックに止めてみる=捨てることも大事。
目の前の出来事を恐れず、水のように自分のカタチを変化させていく・・・等々。

木村塾で何度も繰り返しているせいか、皆さん、変化を肯定的に受け止め、
自らの取り組みや経験談を交えて、さまざまな考えを3分間スピーチにまとめられた。

変化に対応することは、常識や固定概念との闘いでもある。

また、今回は、浅田先生に代わってレギュラー塾生の堀江かりんさんがフィードバックを担当。
皆さんのスピーチの主旨を要約して講評してくださった。

パワーアップセミナーを受身ではない、自主的な学びの場にするための新たな試みだったが、
プレッシャーをものともせず見事に役をこなされたのには驚いた。

もちろん、堀江さんの資質もあるだろうが、
通算20年、1000回以上続く当セミナーが積み上げた「場のチカラ」が、
堀江さんの潜在能力を引き出したのではないかと、私は確信している。

共に学び、共に成長するパワーアップセミナー。
また一つ、新たな可能性の扉が開かれた。

IMG_1874PU0602%95%CF%89%BB11.jpg IMG_1888PU0602%95%CF%89%BB22.jpg IMG_1885PU0602%95%CF%89%BB33.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 堀江さんのフィードバックは初めでしたが、簡潔明瞭で声もよく通り、分かり易かった。素晴らしい方の出現で将来的に心強いです。
・ その場でテーマを与えられ、数分後に皆の前で3分間話す。日常では体験できない、この場の価値をあらためて感じました。自分の考えを素早くまとめて周りに伝える力が付きます。20代前半でこのような場と出会えてラッキーでした。、
・ 自らを振り返り、本当に自分は心から変化を楽しめるか、人の変化を受け入れられるかを自問していました。もっと変われる、もっと変わってチャンスをつくり出せると確信しました。「自ら機会をつくり、機会にょって自らを変えよ」。私の古巣、リクルートの経営方針です。
・ 人それぞれ。話し口、口上、構成が様々でおもしろかった。独自色を意識することで気がラクになました。
・ 皆さん、それぞれ違った考え方で勉強になりました。「水のように」。とてもいい言葉だと思います。自分を水のように変化させる。そのような意識を持つとどんどん成長できると思いました。
・ 変化を受け入れて逃げずに対応する。そのことによってより以上の自分、自分の成長につながる。変化をチャンスと思って取り組むこと。これに尽きます。
・ 「変わるために必要なこと」。私を含めて皆「自分が変わるため」でしたが、今度は「社会が変わるため」の話も聞きたいと思いました。
・ 初参加でしたが、今の自分に必要なことに向き合うことができました。人に話す、聞いてもらうということは、自分に何かが生まれてくると思いました。
・ 周りの方々は皆、師匠。いただいたアドバイスを熟考した上で最大限に行動に移していきます。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web