« No.1637 木村塾パワーアップセミナー「これから10年、あなたがもっと強くなるためには?」 | HOME | No.1639 2015年8月度 実践目標の進捗報告 »

2015年08月28日

No.1638 木村塾やってみよう会 8月度例会A

8月25日、大阪市北区の手品家・梅田店にて第70回「木村塾やってみよう会」が開催された。
今回の「我が人生(経営)を語る」は神戸市東灘区にあるA laboratory HANSHINの笹倉利王社長。

雄々しく叫ぶように歌うR&Bのバラード曲で始まった笹倉さんのプレゼンテーション。
魂がほとばしるような圧巻の歌声に会場は一転、ライブハウスになった。
曲は笹倉さんが憧れてやまない黒人歌手ジョニー・ギルの「マイマイマイ」という歌だそうだ。

IMG_1986%8D%F9%8C%B42.jpg IMG_1989%8D%F9%8C%B43.jpg

笹倉さんは1971年、神戸市生まれの44歳。歯科技工所を営む家に生まれた。
子どもの頃から黒人音楽に魅せられ、高校進学と同時にプロ歌手を目指した。
その想いは強くなり、グラミー賞受賞を志して神戸や大阪で活動。
しかし、歌で食べていくのは並大抵ではない。現実を受け入れた笹倉さんは24歳の時に決意する。
「NYにあるアポロシアターのアマチュアナイト本選に出て入賞する。それを果たしたら
プロの道はあきらめる」と。

アポロシアターはNY黒人街のハーレムにある超有名なジャズ劇場。
その中でアマチュアナイト本選は、プロの登竜門として知られ、憧れのジョニー・ギルや
マイケル・ジャクソンもここから出ている。ちなみに日本人では歌手の平井堅が出場して入賞した。
憧れの人のスタート地点がゴールとなったが、新たな目標を見出してNYに渡る。期限は1年だ。

その時の笹倉さんの活動はめざましい。
アジア系は難しいと言われる中、持ち前の粘りと度胸、それと運で1996年6月23日、
ついに本選出場を果たしただけでなく、3位入賞を果たした。
「入賞した夜、それはもう大変な騒ぎ。私の周りは黒山の人だかりでサインまで求められました。
てっきり翌日は取材ラッシュだと思ったら、何もない。帰国しても全く報道されませんでした (笑)」。

帰国後は歯科技工士として家業の歯科技工所を手伝う傍ら、飲食店経営に乗り出した。
その間もアマチュアとしてライブ活動を続け、来日したジョニー・ギルやボビー・ブラウンの
ステージに呼ばれて一緒に歌ったこともある。この時ばかりは至福の喜びを味わった。

しかし、肝心の会社経営では苦戦を強いられた。3年目には飲食店を廃業、
歯科技工所の2代目として父親の歯科技工所を継ぎ、本格的にその経営に乗り出した。
「ところが木村塾でBS経営を学ぶ中で決算書を見て愕然としたんです。当座預金があれば、
何とかなると思っていたのですが、とんでもない間違いでした。37期、父の代では1,100万
あった自己資本が、38期は600万になり、39期以降マイナスに転じている。これではだめだ」。
数々の打開策を試みたが、最終的に辿りつた着いたのは「決断」。「文字通り決めて断つことでした」。
斜陽産業である歯科技工の事業そのものをリセットするという大胆な結論だった。

「父が一代で築き上げた事業を止めるは断腸の思いでしたが、決めなければ進まない。
そこで浮かんだのが、以前に飲食店事業をする時に父が漏らした『お前なら絶対に勝つ。
俺の息子だからな』という言葉でした」。
「起業家」にギアチェンジした笹倉さんは、漢字の社名を横文字に変更。新規事業に乗り出した。

「メインはサプリメントの製造開発と販売です。幸い、今までの事業で培った信頼関係で大阪大学の研究協力もいただき実現しました。国内だけでなく海外(とくに中国)に向けて販路を広げ、
グローバル起業を目指します。この他にも土地を活かした資産運用や、歯科技工の分野でも
アジアならまだまだ展開できる余地がある。ミャンマーに日本の技術を持っていき
現地で歯科技工のビジネスを始める計画も進んでいます」。
現在、社員は5名。
「この3本柱で8年後の50期には自己資本1億円の企業を目指す」と力強く宣言された。

5人で自己資本1億円の会社だから、一人当たりの自己資本は2,000万円。
これは成長が著しい有力企業と比べても遜色のない素晴らしい会社だ。
実現すれば何が起こっても潰れない強い会社になるだろう。決算書は最強の武器になる。

最後に笹倉さんは「ビジョンの先にミッション(使命)があります。私のミッションは
情熱。粘り。思いやりを持ってグローバル・スタンダードを貫き人に感動を与えることです。
経営でもいい、歌でもいい。生き様で誰かを感動させたい。父に『お前の息子がようやく
1勝目を上げたんだ』というところを見せつけて、最終的にはもう一度音楽に戻りたい。
音楽に戻って音楽学校をつくりたいんです」と語った。

会場からはそのチャレンジ精神、行動力、決断力、音楽に対する情熱、子どもに託す
お父さんの想いなどに感動の声が寄せられた。
音楽で夢を描いてきた笹倉さんだが、人を幸せにするのが起業家だ。
これからは本気の経営で多くの人を巻き込んで、たくさんの人を幸せにしてほしい。
笹原さんなら成し遂げるに違いない。


IMG_1996%8D%F9%8C%B41.jpg IMG_2028%8D%F9%8C%B44.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 目標に向かう気持ち、熱意が本当にすばらしい。自分の好きな事をやる気持ち。そして決断。
・ 自分の忘れていた熱さを思い出させるとても良い時間でした。誰かに人生を変えられた者しか、人の人生を変えることはできないと聞いた事があります。その歌で人々の人生をぜひ変えていただきたいです。
・ 歌がすごく上手かった。プレゼン中に流れる音楽もノリノリで聴かせていただきました! 僕はダンスで食っていくことを諦めた人間ですが、笹倉さんは最終的に音楽でやっていきたいとおっしゃったのを聞き、応援したくなりました。ぜひ、夢を叶えてください。
・ 目標に向かい、結果を出されて準備がすごいなと思いました。見習うことが多く、自分も結果を出したいので努力します。
・ 「決めて断つ」のお話に親近感が持て感動しました。勇気をもらいました。
・ 音楽を愛している笹倉さんが一番素敵だなと思いました。ミッションは人に感動を与える事、自分の生き方で人を感動させたい。年老いてもいいので最終的に音楽に戻りたい笹倉さんのこれからの人生を楽しみにしています。
・ 自分の好きなことをしてビジョンを達成できてよかったですね。アポロシアターで歌えたことは最高の思い出ですね。お父さんの言葉「お前は勝てる!」力強いです。
・ 感動と数字の大切さを学びました。大変は大きく変わる事。ありがとうございました。
・ 「ビジョンの先にミッションがある」。笹倉さんのこの言葉が心に残りました。ミッションは使命。自分にも使命があると思っています、そこはずっと芯に持って頑張っていこうと思いました。
・ 初参加でした。これまで経営について、数字について見聞きした事がなく「会社の経営とは」という所を知る事ができました。
・ これからの人生を考える、良いきっかけになりました。木村会長のお話でバランスシートの本当の見方が分かってよかったです。
・ 自分の人生を振り返り、これから進む道を考えることを改めてしないといけないと感じました。
・ いつもは聞けない社長の人生やビジョンが分かり、参加してよかったです。



 

Copyright (C) 2015 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web