« No.1689 木村塾 やってみよう会 1月度「2016年成長目標発表」 | HOME | No.1691 2016年1月度 実践目標の進捗報告 »

2016年01月25日

No.1690 木村塾パワーアップセミナー「より以上を目指して生きるとは」

1月19日、北区にある手品家・梅田店で第1075回パワーアップセミナーを開催。
新年一番のパワーアップセミナー。
テーマは「より以上を目指して生きるとは」と設定した。
今回も初めての方を5名お迎えした。新たな出会いがうれしい。

2人1組のダイアードの後、いつものように個々のプレゼンテーションに移る。
我こそは1番にと前の席に駆け出す方が続出して、今年もトップバッター争いは熾烈だ。
こんなところでも皆さんのパワーを感じる。

さまざまな声が集まった。
「限界突破をすること」「不可能と思っていることを可能にすること」
「今を未来の投資に使うこと」「守破離の離まで行くこと」「オリジナルになること」
「挑戦すること」「より以上を意識すること」「マイナスをプラスに変える捉え方」
「日々の努力、心の成長」等々。

私は「自分にチャンスを与える生き方」ではないかと思う。
それは、自ら変化を作り出すということだ。
変化にこそチャンスがある。
あまり理性で考えないことだ。
感じて動く。それがいい。

結局のところ、やってみなわからん、やったことしか残らん、というだが
人は、やってみる前にどうしても失敗を恐れて萎縮してしまうものだ。

昨年、シリコンバレーを視察した際にスタンフォード大学で「デザイン思考」という
イノベーションを起すための最先端の発想法について学んだ。
そのベースは目の前にある失敗を重ねること。
成功に学びはない、失敗にこそ学びがあるというスタンス。
まさにその通りだ。その失敗が師となって教えてくれる。
ビジョンを持ってそれを公言すると、おのずと変化を巻き起すことになる。
公言して自分自身にプレッシャーをかけることで潜在能力を引き出してほしい。

また、時間というものを徹底的に考えてほしい。
1年365日8760時間。これをいかに価値ある時間にするか。
たとえば、時給1000円で寝食せず1年ぶっ通しで働いたとしたら一体いくらになるか。
答えは876万円だ。
寝食せず働いて、である。

時間の使い方を、いかに価値ある時間にするかを考えなければいけない。
日本には変化をチャンスにする土壌がある。日本は世界一のステージだと思う。
皆さんがこのチャンスを活かし、成長し、引いては日本の活性化につながればすばらしいと思う。

IMG_2558.jpgpu0119c.jpg IMG_2607.jpgpu0119b.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 今年は飛躍の年にしようと思っているので念頭にこのテーマをいただいて再確認できた事に感謝です。しっかり意識して上を目指します。
・ 参加して半年。文章を組み立てる力が付きました。と同時にプレゼンするに当たり、自分の道を振り返る事ができ、今後どう進めて行くのかと自問自答してよきヒントをいただいています。
・ より以上を目指す人の集まりの中で自分の思いを話す事により、より以上の考えが明確になりました。2年で50回以上の参加を目指します。
・ 目標を立て、数値化すると行動や方法と成果が分かり、より以上を目指す事ができる。さらに人に褒められるとやはり嬉しいので余計やる気が出る。
・ 他の方がいろいろな格言や自らの人生論を基に話しをされていて、とても興味深かった。それぞれの人生が見えるようで皆さんがより以上を目指して生きていると強く感じた。
・ 浅田先生のフィードバックからとてもたくさん学ばせていただいた。「良いところ」を「.具体的に」伝え「共感」しながら3分間のプレゼンを分かち合う。自分に置き換え、日々のコミュニケーションや人との関わりに活かしていきたい。
・ 初参加で緊張しましたが、和やかな雰囲気にホッとして楽しく学ばせていただきました。
・ 自営業の方々はこのようなセミナーに参加して努力をされている事を知りました。
・ テーマを与えられ、その場で考えて人前で話す。かつ、人の話もしっかり聞く。かなりハードルの高いことだと気付きました。いい経験をさせていただきました。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web