« No.1698 木村塾パワーアップセミナー「今までで最高のチャレンジとは?」 | HOME | No.1700 木村塾パワーアップセミナー「あなたにとって生きるとは何か?」 »

2016年02月20日

No.1699 広島木村塾 第5 期 第1回セミナー開催

2月10日、前夜の講演先の益田からゲスト講師の青松さんの車に同乗して広島へ。
広島木村塾 今期初のセミナーがRCC文化センターで開催された。
セミナー前に竹内社長と合流。水野・川野両塾長のご案内により、
市内にある2社を訪問させていただいた。

1社目は不動産&リフォーム会社のT社。
平成11年創業。瓦屋根から出発して平成23年に現在の会社を設立。
立派な自社ビルをお持ちで素晴らしい理念を掲げておられる。
しかし、決算書を分析するとPL型経営から抜け切れていない。
経営は言葉と数字。言葉だけでなく数字の実績をつくることで信頼につながる。
N社長が60歳になる12年後のBSビジョンを策定するお手伝いをさせていただいた。

次に訪れたのは葬祭業を営むT社。昭和6年の創業から今年85年を迎える。
バトンを繋ぐK社長は50代半ば。時代の変化対応と地域密着のサービスで
決算書を拝見すると申し分のないBSを築いておられる。目指すは100年企業だ。

IMG_4874.JPG%8DL%93%875%8A%FA2%8C%8E1.JPG IMG_4890.JPG%8DL%93%875%8A%FA2%8C%8E2.JPG

5年目を迎え、広島木村塾は企業訪問と連動した参加型の実践セミナーとして
すっかり定着した。
今回は私の話を短く切り上げ、竹内社長がBS経営実践のプロセスと効果を具体的に話した。
続いて、広島に本社を置くリアルマックスの青松勇介社長に「わが経営」を語ってもらった。
世界58カ国にインターネットでゴルフクラブを販売する同社。
BS経営で基盤を固め、世界中にマーケットと雇用の場を拡げている。

さらに、訪問先のN社長、K社長にもご登壇願い
出来上がったばかりのBSビジョンや今後の目標を語っていただいた。

誰もが皆、人生というドラマの主人公だ。
そして、そのドラマには大河ドラマとホームドラマがある。
どちらが素晴らしいかは人それぞれ。比較できないし、どちらを選ぶかも自由だが、
起業家なら多くの人を巻き込んで歴史を変えるような大河ドラマを歩んでいただきたいと思う。

私からバトンを受け継ぎUBIを飛躍的に発展させた竹内社長は
自己資本20億円企業に挑む一方、標高8,000mのエベレスト登頂を目標に掲げる。
日本で上場いる経営者は数千人だが、エベレスト登頂者は100人余りに過ぎない。
竹内社長も稀有な、その一人として名を連ねることになるだろう。
人生は自らが創りあげるもの。まさしく「メイクドラマ」だ。

「人・金・もの」という3つの資源を活かし、それを掛け合せて何倍にもするのが起業家。
いま、日本は明治維新や第二次大戦後に続く大変革の時代だ。
変化こそチャンス。
情報革命の嵐が吹き荒れている今は、チャンスが渦巻いている。
そして、日本は世界一現金のある国だ。現金は銀行にある。
銀行からお金を引き出す際に威力を発揮するのが決算書であり、BSだ。
BSを磨くことで資金はいくらでも集まってくる。

チャンスだらけのこの時代。皆さんも一生一代の大河ドラマを創り上げてほしい。

「学ぶ」の語源は「まねる」。セミナーでは一方的に聞くのではなく、
疑問があればどんどん聞いて、いいところを取り入れてやってみる。
この場を成長の踏み台にしてほしい。

水野さん・川野さんの両塾長、スタッフの皆さん、訪問企業や塾生さんのお陰で、
広島木村塾はどんどん面白くなっている。

IMG_4880.JPG%8DL%93%875%8A%FA2%8C%8E5.JPG IMG_4899.JPG%8DL%93%875%8A%FA2%8C%8E4.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 現商品から目標を立てるスタイルで経営してきたが、BS経営を聞き、手段を変えて違った観点で経営を見直すことができた。選択肢が広がりました。
・ 今までは決算書のPLをメインに見ていましたが、BSの純資産(自己資本)の考え方を聞いて面白く思いました。「場所がステージをつくる、器をつくる」。もっと上のステージを目指します。
・ BSの重要性が改めて実感できました。非常に大きな学びとなりました。
・ 青松社長を始めN社長の大きなチャレンジのお話に感動しました。あきらめないで粘り強く理想に向かってチャレンジし続けることを学ばせていただきました。
・ 「人を活かして、モノを活かして、金を活かこと」。とても外せない! 3つがうまく流れて成長する。しっかり考えます。
・ たくさんの気付きとキーワードをいただきました。自分への落し込みをしっかりとやりたいと思います。
・ BSの大切さや意味を分かりやすくお話いただきました。BSの勉強を今日から始めます。
・ 分かりやすくて大変興味深い内容でした。とくに青松社長は目的のための手段を明確に辿っていかれたのでよく理解できました。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web