« No.1710 大阪木村塾BS経営セミナー 4月度開催 | HOME | No.1712 「ダスキン近畿ネットワーク21」定例総会で講演 »

2016年04月18日

No.1711 木村塾やってみよう会4月度例会@

4月12日、大阪市北区の手品家・梅田店にて第84回「木村塾やってみよう会」が開催された。
今回の「わが人生を語る」はNTTフィールドテクノに勤務する田村浩太郎さん。
自己紹介では「チビのおやじ顔した田村です」と笑わせる。
実は「プロマジシャンと不動産経営者」という顔も合せ持つ多彩な男性だ。

IMG_3091.JPG%93c%91%BA%82%B3%82%F122.jpg

1982年兵庫県宝塚市生まれ。お父さんは不動産経営を営む事業家。
恵まれた環境の中で池田市にある大阪教育大学付属池田小学校に進んだ。
幼心に刻まれた思い出がある。
同級生のからかいに心が折れて不登校になりかけた時に「いじめはやめろ」と一喝したお父さん。
以来いじめを受けることもなくなった。

高学年になると「人を喜ばせたり、人の役に立つことをするのが大好き」に。
ユリゲラーやミスター・マリックがテレビ画面をにぎわせていた時代。
5年生のとき送別会の出しものにマジックをしようと思い立った。
「何とかタネを見破りたい」と、録画したビデオ映像を何度もコマ送りしてトリックを研究。
この努力と探究心が、生涯のスキルになった。

中学受験をして中高一貫の男子校、早稲田摂稜に入学。
ぜんそくの持病がある中でサッカーをやっていたが、
「吹奏楽は男子が少ないからモテるぞ」との先生の言葉に乗せられ、吹奏楽部に転部。
マジックと合せて没頭した。

高校卒業後、志望した国立大学の受験に失敗、予備校で浪人生活を送ることに。
その予備校で目にしたのが、当時始まったばかりの早稲田大学のAO入学のポスター。
見れば「浪人生でもOK」、しかも「自己推薦」とある。
そうだ! 自分にはマジックという武器がある。「受けたい」。
しかし、ここは学問の場。マジックだけでは訴求効果が薄いと考えた田村さんは
「ロボット開発にマジックで鍛えた心理学を組み合わせて新分野の研究をしたい」とアピール。
見事に合格を果たした。
「人前でプレゼンするという、この体験を通じて初めて自分に自信が持てるようになりました」と話す。

キャンパスでは、マジック部に入り勉強そっちのけでマジックに没頭した。
マジシャンとしてステージに立つ傍ら、大会出場やテレビ主演も体験した。
大学卒業後は「マジックを続けたい」と就職せずに大学院に進学。

結局、「新卒は人生一度切り」という先輩の助言もあり、大学院卒業後は就職したが
「芸は身を助ける」。
NTT西日本の採用試験で合格の決め手となったのも、ずばりマジック芸だった。
配属された鹿児島では設備部で保守関係の仕事に従事。
ここでもマジックが強みになった。
また、鹿児島時代はご両親を安心させたいと「婚活」にも注力。
あちこちで「結婚したい」とアピールした結果、
2歳年上の美貌の奥さんと交際9カ月のスピード結婚。
「公言力の威力を知りました」。
現在は4歳とまもなく1歳になる、一男一女のよきパパだ。

順風満帆。東京転勤となり出世街道まっしぐらの田村さんに大きな試練が訪れた。
不動産関連の3つの会社を運営していたお父さんの突然の死。
資産も多かったが蓋を開けてみると巨額の負債があった。それだけではない。
独り息子だと思っていた田村さんに兄姉妹が!
再婚だったお父さんに先妻の子どもがいた。
「相続問題ではありません。まさに『争族』問題でした」。
さまざまな選択に苦悩する中、相続放棄という手段もあったが、
最終的に選んだのは「大きな負債を抱えても父の残した会社を継承する」という道。

現在、サラリーマンを続けながら経営者の道を歩み始めている田村さん。
人生ビジョンに数字を入れた。

夢に日付を入れると計画になる。
夢に数字を入れるとビジョンになる。
夢をカタチにするのが経営だ。

「40歳になる2023年には、自己資本1億円・社員5名。
50歳になる2033年には自己資本10億円・社員10名」
具体的な数字を掲げて、皆の前で公言した。

「父は不動産を担保にして資金調達を図り、節税経営を続けました。しかし
これからはBS(バランスシート)が信用になる。そのためにも自己資本目標を立てて、
しっかり税金を払い厚い自己資本を積み上げたい。これこそが資金調達の武器になる。
ビル経営と並行して、ビルを借りていただくお客様の資金調達もできるよう
ファイナンス事業を展開するなど新事業も考えています」
木村塾でBS経営を学び始めた田村さんは、力強く話す。

困難や壁こそが、その人の器をつくる。
私も父の死と、バブル時代につくった巨額の負債が成長の原動力になった。
田村さんのお父さんは田村さんに大きな成長の糧をプレゼントしてくださったのだ。
チャレンジ精神旺盛な田村さんのこれからが楽しみだ。

IMG_3097.JPG%93c%91%BA%82%B3%82%F111.jpg IMG_3134.JPG%93c%91%BA%82%B3%82%F133.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ ご自身の選択が田村さんを大きく成長させるでしょう。「小さなおやじ顔」は大きな偉大砂おやじ顔に成長されると信じています。
・ 巨大な負債額や争族問題といった壮絶な経験をしながら暗さやネガディブさを全く感じさせないプラスのエネルギーを感じました。マジシャンは明るい人が多い! 成功体験がそうさせるのでしょうか。
・ 才能、秘めたるパワーを感じました。「人のために行動し、人を喜ばせるのが大好き」という田村さんの育ち、優しさ。きっと愛情たっぷりのご両親に育まれたのだろうと思います。33歳という若さ、40歳で純資産1億円、50歳で10億円という大きな壁に立ち向かえる逆境を財産にしてこれから頑張ってください。
・ 探究心が高い。一つの事をしっかり継続している事、発想が素晴らしく、ロボットとマジックを一つにする考え方が面白い。
・ 「自分の経験が誰かの役に立つのではないか」という想いから、また両親への想いから大変な道を選択されたのは凄い、カッコいい。
・ 木村会長のお話とも合せて、プラスの考え、BSビジョン、自己資本。とても勉強になりました。
・ 自ら巨額の壁を引き受ける根性に刺激を受けました。
・ 現状から逃げない、立ち向かうことで道が広がることに気付いた。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web