« No.1728 大阪木村塾BS経営セミナー 7月度開催 | HOME | No.1730 2016年7月度 実践目標の進捗報告 »

2016年07月29日

No.1729 木村塾パワーアップセミナー「本気で生きるとは?」

7月19日 大阪市北区にある手品家梅田店で第1082回パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「本気で生きるとは?」

KIMG0320.JPG%96%7B%8BC1.JPG

毎回思うが、ひとつのテーマに対してさまざまな捉え方があるものだ。

ある人は「自分との約束を守ること」だと言い
またある人は、他者との関係の中で「責任を果たすこと」だと言う。
他に「挑戦し、成長すること」
「生きるだけでなく、活きるということ」
「人生は有限と知り時間を大切にすること」など、それぞれの価値観や人生観が表れた。
自分の考えとは異なっても、じっくり人の話に耳を聴けると、
なるほどそんな考え方もあるものかと新しい発見がある。

私自身、本気という言葉に値するかどうかは分からないが
14歳で社会に出て、家族にメシを食わせるために一生懸命生きてきた。
いつ何時、何が起こるか分からない。
常にメシの種を探し、同時にいくつも動かした。

1年間は8,760時間。
時給1000円で寝ずに働いたとしたら876万円だ。
この額自体は決して少なくない数字だと思うが、寝ずに働いても、だ。
この時間をどういう風に使うのか。
どうすればそれが8,760万円になるのか。

経営とは「人・もの・カネ」という、世の中の資源をお借りして、それを活かすこと。
ビジネスに限らない。経営とは生きること。人は皆、自分という人生の経営者なのだから。

なんでも実践し、うまくいったら銭が儲かる。
うまくいかなくても経験が儲かる。
何もしないのが一番大損。
人生は一度切り。あれこれ考えるよりも何でもやってみたらいいと思う。
それが本気で生きるということにつながるのではないか。

KIMG0337.JPG%96%7B%8BC2.JPG KIMG0338.JPG%96%7B%8BC3.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 本気で生きるとは、「考える」だけでなく「行動を起こす」ことだと思った。
・ 参加者の皆さんがといも具体的な行動に照らし合わせて発表されていることが印象的だった。
・ 前に出たら頭の中が真っ白になり、人の顔を見て話すことができなかった。どうすれば、聞いている人に興味を持たせるか、話をまとめるのに苦労した。
・ このテーマをいただいて、自分はたまに気を抜いて過ごしていることがあると気付いた。自分の置かれた状況を考えると本気で生きていくことが大切であると改めて感じた。
・ めちゃくちゃ難しいテーマでした。難しいと思うことは、日ごろ考えていなかったということにも気づかされました。
・ プレゼンをするたびに反省ばかり。アウトプットすることで、できていない自分が明確に分かります。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web