« No.1736 2016年8月度 実践目標の進捗報告 | HOME | No.1738 広島木村塾 第5 期 第2回セミナー開催 »

2016年09月02日

No.1737 木村塾パワーアップセミナー「本物は続く、続けると本物になる」

8月23日 大阪市北区にある手品家梅田店で第1084回パワーアップセミナーを開催。
今回のテーマは「本物は続く、続けると本物になる」。

これは私が常日頃から好んで使うフレーズだが、このテーマを含めて
予め門浦さんが用意した3本のテーマの中から皆さんに挙手していただき、
「一番票が少なかった」ものだ。
意表を突いたテーマ選びだったにもかかわらず、皆さん我先にと果敢に発表された。

今回は私が益田木村塾で出張中のため、主催者の門浦さんのレポートでお伝えする。

KIMG0599.JPG823pu11.jpg

「本物は続く、続けると本物になる」。では「本物とは?」
そんな自問自答から始まり、「継続」「ビジョン」「世の中に必要とされているか」
といったキーワーズが飛び交った。

最初から本物というものはなく、継続することで周りから評価され、必要とされる。
ただ、単純に継続したら良い、ということではなく
ビジョンがあるか、常に考えているか、努力をしているか。
それにより、サポートあったり、経験値が増えて成長したりして本物になる。
そして本物にはさらに人脈が集まり、磨きがかかって続いていく。
概ねそんな意見に着地した。

「継続する、だけでもダメだし、ビジョンがある、というだけでもダメ。
ビジョン・マインド・行動が伴って始めて本物になっていくのではないか。
本物というのは、飽くなき精神で常に最高を目指していく状態。
そういうことを言うのではないか」
私に代わって門浦さんが、このようにまとめてくれた。

最後にスピーチに関して浅田先生から次のようなワンポイントアドバイスがあった。

・聴き手が複数でも人の目を見て話す。目を合わせないのは自信のない証拠。
・声がしっかり届いているか、声の確認をする。
・文末は曖昧にしないで「〜です」「〜します」と最後まできちんと話す。

レポートを読んで私もあらためて勉強になった。

KIMG0602.JPG823pu22.jpg KIMG0618.JPG823pu33.jpg


☆いただいたアンケートより抜粋

・ 本物になるには本物のマネをする、本物に尋ねるところから始まって、感謝の気持ちを忘れない。自分を追い込んでもっと逆境に身を置かないと本気になれないと痛感します。
・ 本気で自分を磨き続けると決めました、感謝の気持ちを忘れず、しっかり自分の目標をもち意識して続けていきます。
・ 「本物とは自分以外の人に認められること」。本物であると周りのサポートが得られ、続けられる。本気で続けると信頼関係が形成され人脈が生まれて本物になれる!
・ 「本物は続く。続くと本物になる」「成長とは?」「人脈とは?」選ばれなかった2つのテーマを含めてそれぞれが関係するテーマだった。続けることにより成長が実感でき、なお続けると本物になる。習慣化することで多くの人脈にもつながる。
・ 初めてのプレゼンテーション。とても緊張しました。アドリブで発表しましたが、浅田先生からのフィードバックは勉強になりました。「続けると本物になる」。これを頭に刻んで仕事をしようと思います。
・ 考えたこともないことを一生懸命に考えられたことがよかった。これを機に自分の理想とする「本物」に近づくよう意識したい。
・ 一番票の少ないテーマに決まり! これは新鮮でした。テーマによっては本当にきついな、と思うのですが、それもまた枠を広げるいい経験になります。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web