« No.1741 木村塾やってみよう会9月度例会@ | HOME | No.1743 木村塾やってみよう会9月度例会A »

2016年09月27日

No.1742 木村塾パワーアップセミナー「知識と知恵の違いは?」

9月20日 大阪市北区にある手品家梅田店で第1085回パワーアップセミナーを開催。
今回のお題は「知識と知恵の違いは?」
いつものように即答でプレゼンテーションしていただいた。

KIMG0773.JPG%83p%83%8F%81%5B%83A%83b%83v970920111.jpg

まずは、みなさんなの見解から。
「知識は学ぶもの、知恵は生み出すもの」
「知識は歴史やセオリー、知恵は新しく生み出すもの」
「知識は積み重ねるもの、知恵はなくしていくもの」
「知識は答えのあるもの、知恵は答えのないもの」
違いは?と尋ねたせいか比較する方が多い中で
「知識だけでは成功しない、知識から正しい引き出しを出せる知恵が必要」と
両者を関連づけた方もあった。

ちなみに広辞苑では、こんな定義がのっている。
知識=ある事項について知っていること。また、その内容。
知恵= 物事の理を悟り、適切に処理する能力。

私自身を振り返ると、知恵だけで生きてきたように思う。
14歳で父親を亡くし、生活費を稼ぐために中学校に行くのを止めた。
だから、みんなが知っているような知識がなかった。

しかし、ビジネス社会の中ではそれが幸いした。
知識がないから、手当たり次第にチャレンジした。
どんどんチャレンジしていっぱい失敗したが、壁にぶつかるごとに知恵が生まれた。
この知恵が問題解決へと導いた。
たくさんチャレンジしたからこそ成功した。

こうして木村塾を開催していく中で分かったことがある。
知識のある人は、理屈をこねる人が多いということ。
やってもみないで、あれやこれや言い訳を並べ立てて結局やらない。
なぜか。
それはリスクを怖がるからだ。
なまじ身に付けた知識が邪魔をして、失敗したらどうしようと怖がるのだ。

やって成功したら銭が儲かる、失敗しても経験が儲かる。
何もしないことが一番損をする。

「何とかせなあかん」を「チャンス」と捉え知恵を絞る起業家になってほしい。

KIMG0786.JPG%83p%83%8F%81%5B%83A%83b%83v9709202.JPG KIMG0789.JPG%83p%83%8F%81%5B%83A%83b%83v9709203.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ ふだんはできないプレゼン体験。初参加で楽しかった。会長や皆さんの話を聞いて新しい気付きがありました。
・ 「頭の中できちんと整理して話す」「全体を見渡して話す」。前回の浅田先生のアドバイスを意識して話しました。そして今回。「ただ話すだけでなく自分の体験談も交えて話せばいい」新たな気付きでした。
・ 「逆境はチャンスだ! 恐れるものではない」「知恵は変化を好む」という会長の話が心に刺さった。「10年で人生は変わる!」変化を恐れずチャレンジしようと思いました。
・ 3分間のプレゼンが1分45分で終わってしまい、すごく悔しかった。「知識あっての知恵。知恵がまた知識になる」というKさんの考えはすばらしい。知識、知恵。それぞれ深めて努力します。



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web