« No.1747 木村塾やってみよう会10月度例会@ | HOME | No.1749 木村塾やってみよう会10月度例会A »

2016年10月25日

No.1748 益田マジック・フェスティバル開催 !

故郷、島根県益田市への恩返し活動「益田をマジックで元気にするプロジェクト」の第一弾
「第1回マジック・フェスティバル」が10月23日、
島根県芸術文化センター、グラントワ小ホールで開催され、
家族連れなど461名が参加した。

IMG_5920.JPG%83%7D%83W%83b%83N6.JPG IMG_5915.JPG%83%7D%83W%83b%83N1.JPG

人口約5万人弱の益田市。ここでも過疎化高齢化が進み経済が減速している。
プロジェクトはマジックを通じて自己肯定感の持てる子どもたちを育てる傍ら、
益田に「マジック」という新たな観光資源をつくり、まちおこしをしようという構想。
また、マジックは起業家マインドをもった人財育成にもつながる。

昨年の「益田マジッククラブ」結成から丸1年。
今回のフェスティバルは、クラブ主催者ボアソルテスポーツクラブの
大賀肇さんらの呼びかけで集まったメンバーのうち、
小学校2年生から70代までの10名が、自ら手を挙げて1年間の練習成果を発表した。

劇場と美術館が一体となった県内切っての美しい会場、グラントア。
そのホールをぎっしり埋め尽くす観客席を前に、メンバーらは
リングやロープ、トラランプ、大きな本、花や旗が出てくるボックスなどを操り
鮮やかな手さばきで観客を魅了した。

IMG_3566.jpg%83%7D%83W%83b%83N9.jpg IMG_5738.JPG%83%7D%83W%83b%83N4.JPG IMG_5674.JPG%83%7D%83W%83b%83N3.JPG

後半にはマジックの指導に当たっているマジックポットの人気マジシャンと、
シルク・ドゥ・ソレイユのメンバーでもあるジャグリングパフォーマー、桔梗ブラザーズなど
世界で活躍するトップクラスのパフォーマーたちが出演。
生まれて初めて目にする本格的イリュージョンやジャグリングショーに
会場は息をのむ緊張感とどよめく歓声に包まれた。

今回はホールの定員を超える申し込みがあり、キャンセル待ちがでるほどの大盛況。
しかし、これで満足していたのではいけない。
このフェスティバルが呼び水となって、さらにマジックの輪が広がり
マジックで自己肯定感を身に付けた人たちが動き出してまちが元気になる。
それが最終ゴールだ。

やってみなわからん。
目標を掲げてとにかく動いてみる。仕掛けてみる。行ってみる。やってみる。
結果は後からついてくる。

IMG_5749.JPG%83%7D%83W%83b%83N5.JPG IMG_5909.JPG%83%7D%83W%83b%83N7.JPG



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web