« 2016年10月 | HOME | 2016年12月 »

2016年11月15日

No.1752 木村塾やってみよう会11月度例会@

11月8日、大阪市北区の手品家梅田店で第97回「木村塾やってみよう会」を開催。
今回の「我が人生を語る」はフリーライター、池永美佐子さん。
我が著書『逆境に勝る師なし』や『BS経営のススメ』の執筆の際にお手伝いいただいた。
木村塾にもKKFC時代から参加され、会場には懐かしい顔ぶれが集まった。

14991990_1185652181515826_1736068086794257213_n.jpg

世界遺産の下鴨神社を遊び場として成長した池永さん。
子ども時代、おばあちゃん子の彼女はお墓参りのパートナーを務めた。
お墓とは恐怖の対象ではなく、命を考える場所だったのかもしれない。
また、母親の「女性も技術があれば社会に出て活躍できる。自立できる」という口癖は
生涯を貫く池永さんの基盤となった。
洋裁が好きでデザイナーを志すものの、時代背景もありそれを断念した母親。
紳士服店に勤める父親の職場の仕事を内職でこなすような女性だった。
ちなみに池永さんは2人姉妹の妹で、姉は医者になっている。

大人しく真面目で運動が苦手な少女時代。唯一の成功体験が、小学校の壁新聞。
書くことの楽しさに目覚めた。中学では美術部、高校では新聞部、
マスコミ関係の仕事に付きたくて関大の社会学部に進んだ。

時代はバブル真っ只中。卒業後、スポーツ用品の産業新聞に勤め記者になった。
華やかな記者会見やさまざまな人と接する日々を過ごし、
「名刺一枚でどこへでも行ける面白さ」も満喫するも、失恋がきっかけで転職を決意する。
次は広告制作会社で広告の仕事に。
海外旅行に行ったこともないのに、好きな人を追いかけて飛行機に飛び乗り
NYまで行ったのもこの頃だ。
「やったらできる」と機内で喜びに浸った。
しかし、またもや失恋で転職。「終わりは次の始まり。環境を変えて新規まき直し」と笑う。

やっと恋が実って1985年結婚を機にフリーランスになる。
ご主人は同じ歳でPRの仕事をしている男性。奇しくも私と同じ益田の出身だった。
この「益田」が、後に池永さんと私を結びつけることになるのだが。
翌々年には長男、続いて長女が誕生した。

幸せに見えた彼女の人生を、夫の病気が影を落とす。
1989年に発病、100万人に一人という病気(腹膜偽粘液腺腫)だった。
楽天家のご主人は、病気のことも軽く考えて過ごし普通の生活を送るものの、
1995年から2年間に3回もの手術を経験することとなる。
ご主人がベッドで子供達に綴った物語がある。
『てっちゃん、てつこ、てつぞうからの贈り物』、
そして益田の情景が描かれる『自転車に乗った小学生父さん』。
クリスマスに子供達に贈るため、著者名は「池 讃太(サンタ)」。
父から子供への愛情が溢れる贈り物だ。
のちに池永さんは物語に共感してくれた小学生の絵を入れて素敵な絵本にした。

最後の手術の時、池永さんは手術室へ呼ばれた。
白衣を着て恐る恐る入ると横たわるご主人がいた。主治医から病巣が思いの外広がり、
完全に除去できない旨を伝えられ、それを受け入れるように言われる。
手術室を出てご主人のお母さんと手を取り合って泣いた。その日から「姑は戦友になった」。
さらに、病気とお金がないという二つの現実も彼女を待ち受けていた。
「病気とお金。どちらか一つなら人は耐えられる。二つ同時は本当にしんどい」。
当時を思い出して、そう語る。
こうして絶食の中、タバコを燻らせ、夫は他界した。
葬儀の日には200名を超える方が別れに集ってくれた。
「一人ではない、こんなに沢山の人に支えられていた」と気づいた瞬間でもあった。

一方、6歳と9歳の子供を抱えた池永さんだったが、遺族年金は下りなかった。
理由は病気の発症と前後する形で起業していたご主人。
国民年金の一部未払いにより受給資格に届かなかったこと。
「夫はお金は遺してくれなかったけど、子供と人と仕事を遺してくれた」と回顧する。
逆境が池永さんの眠っている潜在能力をも引き出した。

「心優しく、粘り強いシングルマザーに」。決意とともに歩む日々が始まった。
フリーライターとしてのテーマも、生活に根ざしたものから自然と、
命や生き方に関わるものに変わっていった。
スポーツニッポンでの連載「リストラに勝つ、転職で天職」で取材した80人との出会いが、
自らの生きるバネになった。起業家の生き方にも共感した。
「人は皆、人生の主人公。心の窓を開くと力が出る。逆境こそが宝」。

私との出会いもこの連載の取材がきっかけだ。
私の講演を聞き、思わず「木村さんの人生を書きたい!」と願い出た彼女に、
私は『逆境に勝る師なし』の編集協力をお願いした。
益田出身のご主人が天国から繋いでくれたご縁かもしれない。
「ほとばしる想いがチャンスを呼び込む。そして、やっていたらできた」。池永さんは言う。

15036302_1104709182978515_5313383387480078687_n.jpg 14938379_1143221272436159_8813103229882244349_n.jpg

もう一つ彼女に自信を与えてくれるのが登山。木村塾がやっている六甲全山縦走にも挑戦。
2011年の1/3を皮切りに、1/2、2/3と毎年距離を伸ばし、2015年にはついに全山制覇。
さらに昨年は、ひょんなことからキリマンジャロ登頂にも挑戦した。
9月の登頂に向けて、練習の日々が始まった。ほぼ毎週登山。
「気づくと登山靴を履いていました。登山を決断したら行動が変わるんです」。
人はビジョンがあれば行動が変わるのだ。

9泊10日のキリマンジャロ登頂ツァー。
半袖で登り始め山頂付近はマイナス20度にもなる。高山病のリスクもある。
山頂アタックの日。深夜に山小屋を出発し、ご来光を拝むために山頂を目指す。
池永さんもガイドやポーターとともに挑戦するが、途中で力尽きてしまう。
「命が大事。断念するしかない」そう判断した。
しかし担当のポーターは言葉が通じない。仕方なく無我夢中で登り続けた。
意識もうろうの中「オーーイ、もうちょっとよ!」という仲間の声が耳に入る。
下ばかり見て登山していたのに、上を見る余裕ができた瞬間だった。
そして山頂に輝く三日月と一番星。それは家の玄関にあるリトグラフと同じ光景だった。
ご主人が誕生日に贈ってくれたリトグラフ。その光景が山頂で待っていた。
5,685m、キリマンジャロ山頂ギルマンズポイントには、仲間と亡き夫の愛が待っていた。
そこに一歩一歩自分の力でたどり着いた。

池永さんの10年後の素晴らしいビジョン。
10年後までに10冊の本を出すことだ。『自己資本1億を作った起業家の物語』
『益田ものがたり』『金持ち母さん、貧乏母さん』『介護や終末医療に関するルポ』
そしてキリマンジャロを舞台にした恋愛小説。
彼女の中に自信や使命感と一緒に、本のテーマが湧いてきている。
ライターに必要なのは「聴く力=十四の心で耳を傾けること」だという。
「これからも自分の心に、そして人の心に耳を傾け、いろんな価値観や生き方を伝えたい」と話した。

出版不況と言われるが、本はものすごい力をもっている。
私が池永さんと出会って会社は10倍に伸びた。その要因の一つに著書がある。
池永さんの協力で著書を上梓したことで何より信用力がついた。
それまでさまざまな広告媒体に多額の費用を投入したが、さしたる効果はなかった。
しかし、自伝を出すことで私自身に対する信用が高まり、会社に対する信頼となった。
池永さんは「自分は経営者ではないから」というが、人はみな経営者だ。
人生という道の。本10冊。このビジョンに向かって邁進してほしい。

14915253_1185643451516699_1007203807582641079_n.jpg 14947921_1143220385769581_231452945417026791_n.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 「やってみなわからん、やったことしか残らん」。まさに木村会長のこの言葉を具体化された池永さんの人生に大変感銘を受けました。
・ 好きこそ上手なれの形、そのままの人生のようです。芳村思風先生の仕事観を思い出しました。遺族年金をもらえないことも「生きる力を与えてくれた」という池永さん。何でそんなに強い人なのだろう!
・ 「想いがチャンスを呼び込む」「やってみたらできた」「考えなくていい。大丈夫、なんとかなる」心の支えになる言葉がたくさん散りばめられていて友達にも聞いて欲しかったなあと思うくらい素敵な話でした。
・ 思いが深く、本当に素敵すぎました! いつも強くて優しい池永さんの原点に触れて感動しました。
・ ペン1本で家族を支えて生きて来られた池永さんの強さを感じた。
・ 「インターネットを過信しない」という言葉に共感しました。芯の部分は実際に会ってみなければわからない部分です。そのことを気付かされました。
・ 人と人とのつながりは人生を大きく左右するもの。一つ一つの出会いに感謝したいと思いました。具体的なテーマをもって生きることが自己実現につながると理解しました。
・ 六甲登山もキリマンジャロも積み重ねて来られた強さに引き込まれました。値打ちのあるお話しでした。
・ 経営に行き詰まり勇気をもらいに来ましたが、池永さんの話で自分に足りないものが分かった気がします。
・ 池永さんがキリマンジャロに登頂できたのは、今までの人生の逆境を乗り越えてきた経験があったのだと感じました。
・ 心の窓を開けたらラクになれる、幸せになれる。私もやり続けます。
・ 誠実な人生に感動しました。諦めずに人生を真正面から立ち向かう姿に痺れました。
・ シングルマザーとして苦労されたのに、「苦労の垢」みたいなものが全くなく、心が洗われるような素晴らしいお話しでした。
・ 「逆境の中に宝物がある」は、心の宝にします。
・ アフリカの精神「ハクナマタタ」。何があっても大丈夫、何とかなるさ。「感謝の数だけ幸せになれる。流した涙の数だけ優しくなれる。汗の数だけ強くなれる」。感動しました。
・ キリマンジャロの頂上での月と星の空の話で涙が出そうになりました。すべての言葉が心地よかった。
・ ビジョンが人を創る。10年後の私からの手紙を聴いて、ビジョンが明確だなあと感動しました。私も手紙を書いてビジョンを明確にします。

2016年11月03日

No.1751 大阪木村塾BS経営セミナー11月度開催

11月1日 大阪市北区にある手品家梅田店で第54回大阪木村塾BS経営セミナーを開催。
広島に本社を置く潟潟Aルマックス代表取締役の青松勇介さんをゲストに迎えた。

17年前に売り場面積15坪の小さなゴルフショップからスタートし
日本のみならず世界60カ国にインターネットでゴルフクラブを販売する同社。
カンボジア法人を設立し、自社業務の外部依頼(BPO)を行うほか、
ネット販売で培ったノウハウをより多くの人に伝えるため、
ITソリューション事業を立ち上げてWEBマーケティングに力を注ぐ。

IMG_6049.JPG%90%C2%8F%BC%97E%89%EE%82%B3%82%F12.JPG

青松さんは高校卒業後、サラリーマンを経て25歳でペイオフの会社を興したのを機に
起業家の道をたどった。
リアルマックス創業は30歳の時。
ゴルフ事業のきっかけは、お父さんから譲り受けた1本の中古のゴルフクラブ。
ネット販売すると思わぬ金額になり、これを機にクラブを仕入れてネットで転売を始めた。
コネも経験もお金もなかったが「ないからこそ知恵と行動力で勝負した」。
創業の精神でもある「トライ&エラー」を繰り返し、
見場からの実体験の中で新しい成功体験を積み重ねた。

ネット販売でも「あなたから買いたい」という顧客対応に力を入れる。
ゴルフ人口が減少する市場で飛躍のきっかけは、海外進出とIT事業の強化。
国内ではこの顧客対応やマーケティングなどの「コア業務」に集中、
2014年にはITのバックヤードをカンボジアに移し
自社業務のBPO(外部依頼)を行っている。
さらに現在は、ネット販売で培ったノウハウを活かし、
あらゆる業種業態に対するITソリューション事業に力を入れる。

また、私の著書をきっかけに9年ほど前からBS経営に着手。
自己資本で未来ビジョンを掲げる中、そのゴールに向かうプロセスで
マーケティング分析をして利益の出るところに資本を集中。
未来投資を始めた。
カンボジアの法人設立や人財育成もその一環だ。

「当社の強みを活かすだけでなく、どうイノベーションしていくか。
ハードだけでなくソフトで売っていく。未来投資することで3、4年後に返ってくる」。
現在、自己資本額は3億円となり、3年後10億円のBSビジョンに向かっている。

「BS経営にして一番良かったのは銀行からの信用。強いBSを持つと入ってくる情報が違う。
先日もメインバンク(信用金庫)から無担保、無保証で融資を受けることができました。
万が一、会社が潰れても家も取られない。ものすごい信用力」
と、そのメリットを明かす。

現在、社員は60名。日中韓、カンボジア、ウクライナなど多彩な国々から人が集まる。
「人財育成の秘訣は、一人ひとりの強みは何かを見極めること。
無理なことを無理な人に要求しても無理。それよりも強みと強みの結合」とも。

大事なのは売上ではない。バランスシートの自己資本だ。
バランスシートこそ経営者の通信簿。
BS経営は自己資本を積み上げて強いBSをつくる経営だ。
では、強いBSをつくるとどうなるか?
金融機関からの信用が得られて資金調達が容易になる。
調達した金を活かしてこそ経営だ。

さらにBS経営は、ビジョンを共有して経営のわかる社員 (経営社員)を育てる経営でもある。
自分よりも優れた人財が育てば、経営力は無限大に膨らむ。
人を活かし、資金を活かす。企業は経営者のものではない、社会のもの。
BS経営は、人・もの・金を活かし、それを何十倍にもふくらませる「公利公欲」の経営だ。

いまや日本を代表する起業家として各界から注目される青松さん。
ベースには「男は金を稼げ」という、昭和を駆け抜けたお父さんの言葉があったという。
若い頃はやんちゃをして警察のお世話にもなったこともある。
つっぱりヘアーでカメラをにらむ15歳の頃の写真を開示して会場を沸かせた。

失敗と挑戦、ビジョンを抱いて学び続けることの大事さ。
学歴がない。歳がいっている。地方だから。そんなことは全部言い訳。
やるか、やらないか。人生は、そのどちらかだ。
青松さんの人生が、そのことを教えてくれる。

IMG_6038.JPG%90%C2%8F%BC%97E%89%EE%82%B3%82%F14.JPG IMG_6027.JPG%90%C2%8F%BC%97E%89%EE%82%B3%82%F14.JPG IMG_6060.JPG%90%C2%8F%BC%97E%89%EE%82%B3%82%F13.JPG

☆いただいたアンケートより抜粋

・ BS経営は資産を再投資すること。また、見えない資産である人を残すという目的があるということを学びました。資産をつくる源泉は人財。ありがとうございました。
・ 青松さんのライフストーリーに感銘を受けました。とくにご両親の起業家としての教え、マインドが青松さんのような起業家をつくったのだと得心しました。
・ BS経営強化の重要性。海外雇用の将来性。ITソリューション、多角経営の重要性。BSビジョンの共有により社員が育つ。本日の気付きです。
・ 青松さんのご両親の言葉「男は金を稼げ!」と「危機感を植え付けられて育った」が心に残った。自分の生き方にも子供の生き方にも活かしたい。
・ 前回発表したものです。私も青松さんのように公言したことを実現していきたいと思いました。
・ 顧客に価値を提供する。同じバックヤードでつくられる提供価値の違う2つのサイト。イノベーションを起こすヒントをいただきました。ネットでも接客がある。人材育成の大切さが分かった。
・ 「ないからやれない」のか「ないからこそやる」か、発想の違い。コア事業に集中する方針。コアとなるものを正しく見極め、集中する勇気が要る。それが分かった。
・ 青松さんの木村会長と同じ「やったみな分からん」精神。「ないから知恵と行動力がついた」という言葉が印象的。「根拠のない自信」も大切だと思った。
・ 青松さんの「強み×強み」「無理なものはやらせても無理」、木村会長の「ビジョンの共有で社員が育つ」。人財育成の秘訣を学びました。
・ 感動しました。世界を股にかける男、最高です!!

2016年11月01日

No.1750 2016年10月度 実践目標の進捗報告

人口減少に悩む日本。地域活性化事業に取り組む自治体は多いが
マジックで地域おこしをしようという市は、まず類を見ないだろう。

先月10月は、私のかねてからの夢であり
今年度の実践目標の大きな柱の一つである
「第1回益田マジックフェスティバル」が故郷、益田市で開かれた。

きっかけは、マジシャンでもあるマジックポット社長、前田真孝さんとの出会い。
「マジックは人を驚かせたり、楽しませたりするエンターテーメントであると同時に、
演ずる者の自己肯定感を養いプラス思考を育みます。究極の人育てになるんですよ」
前田さんのこの言葉は、故郷に何か恩返しをしたいと考えていた私に
一つのすばらしいアイデアを与えてくれた。

そうや ! 
益田にマジックを広めて新たな観光資源をつくり、地域おこしをしよう。
マジックを通じて子どもや若い人たちが自らの価値や存在意義に気付き、
挑戦する強い心を持てば、まちが元気になる。起業家を育てるきっかけにもなる。

「みんなの力でやりましょう」。
私の夢に賛同いただいた前田さんや、地域で少年サッカークラブを率いる大賀肇さん、
教育関係者のみなさんの呼び掛けで益田マジッククラブが発足した。
それが、ちょうど1年前の10月。

会場の「グラントア」は、美術館と劇場が一体となった島根県立の美しいホール。
有料公演にも関わらずチケットは早々と完売し、
子ども連れのファミリーら461名もの方々にお集まりいただいた。

ステージでは、1年間練習を積んだマジッククラブメンバーの中から
老若男女10人が臆することなく見事な手さばきで技を披露。
合わせて開催されたマジックポットに所属するパフォーマーたちの
世界レベルのマジックやイリュージョン、ジャグリングショーを前に
観客席は息をのむ静寂と鳴り響く歓声に包まれた。

人口減少だ、高齢化だと嘆くばかりで、手をこまねいていても何も始まらない。
やってみな分からん。
今回もそれを実感した。

IMG_5921.JPG%82%DC%82%B7%82%BE1.JPG IMG_5915.JPG%83%7D%83W%83b%83N1.JPG

☆では、私の10月度実践報告を

・減量、減塩、断酒
・万歩計402/500万歩
・ヘルスケア、フロア階(3ⅿ換算)25,297/20,000階
・登山8/20回

・読書84/30冊
・英会話57/50回
・写経4,810/4,500枚(累計)

・大阪木村塾受講生 1,124/ 1,800名

・益田市活性化への
「第一回マジックフェスティバル」
「デザイン思考講座」

 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web