« No.1755 大阪木村塾 BS経営セミナー 12月度例会 | HOME | No.1757 木村塾やってみよう会12月度例会・最終回 »

2016年12月15日

No.1756 木村塾パワーアップセミナー「木村塾パワーアップセミナーとは?」

12月13日 大阪市北区にある手品家梅田店で第1088回パワーアップセミナーを開催。
木村塾での定期開催としては最終回。
私も門浦塾長も出張のため、大本達也さんが司会進行を務めてくださった。

FullSizeRender.jpgPU3.jpg IMG_6462.JPGPU5.JPG

その場で与えられた即題に対して考えを頭の中でまとめ、
2〜3分間スピーチするパワーアップセミナー。
このセミナーを始めて22年になる。

人前で全く話すことのできなかった私が、スピーチ力をつけるために
知人に紹介されたのが浅田幹子先生だった。
ショートカットで背筋の伸びた姿勢が美しいハンサムウーマン。
凛とした佇まいは、今もひとつも変わらない。
せっかく勉強するなら社員にもと、社内研修していただくことになったのが始まりだ。
お蔭さまで、自分の想いややりたいことを表現する力を付けた。
ここでの学びが社風の改善に大きな役割を果たし、今日のUBIを育てた。
浅田先生との出会いがなければ私の成長も会社の発展もなかった。

その後、取引先など外部の方へもご参加を呼び掛けて「早朝セミナー」となり、
木村塾の発足後「パワーアップセミナー」と名前を変えて今日に至った。
たくさんの方のお力添えで2013年には「1000回」を達成。
大阪第2ビルで行った記念式典が、つい昨日のように思い出される。

パワーアップセミナーは、プレゼン力を付けると共に
人の話を真剣に聴いて人間力を付けるセミナーだ。
その結果、コミュニケーション力が高まり、信頼関係が深まる。
小さな成功体験を重ねることで自信がつき、内なる力が湧き起ってくる。

最終回のお題はずばり「木村塾パワーアップセミナーとは?」
「自分の中で成長を一番実感できる学びの場だった」
「初対面や世代の違う人と話せるようになって世界が広がった」
「言葉の力を知った。言葉にすることで夢が実現した」「人生を変えた」
「人の話を聴くことで多様な価値観があることを学んだ」など、
参加者は自分にとってのセミナーの存在価値、成果、成長を嬉々と語った。

FullSizeRender.jpgPU%90%F3%93c1.jpg FullSizeRender.jpg%90%F3%93c%90%E6%90%B64.jpg FullSizeRender.jpgPU%92%B7%92J%90%EC.jpg FullSizeRender.jpgPU%83J%81%5B%83h.jpg

この日も浅田先生から発表者一人ひとりにフィードバック。
そして、ワンポイントアドバイスも。
「みなさん、パートナーを旦那とか、嫁さん、家内、奥さんと呼んでいませんか?
正しい表現は夫、妻です。どうぞ美しい日本語を使ってください」
「同じ意味でもいろんな表現を持つ日本語。その豊かさを知ってほしい」。
浅田先生からの貴重なプレゼント。

ラストは塾生の皆さんから浅田先生に、謝辞とともに花束と記念品が贈られた。
「このセミナーがあればこそ、私もこれまで元気に頑張れた。大勢の人に
出会わせてもらっていろんな話を聴かせていただき、ありがたい22年でした」。
涙ぐむ浅田先生。

1088回。浅田先生、ほんとうに長い間、ありがとうございました。
そして、門浦智さんをはじめバトンをつないでくださった歴代塾長、
参加してくださった皆さんに心から感謝の意を捧げたい。

なお、木村塾としてのパワーアップセミナー開催は終了するが
若い塾生の長谷川夕起さんが浅田先生を講師に招いて
新しいスタイルで引き継いでくださることになった。
新年1月17日にスタートする予定(場所、名称は未定)という。
なんとうれしい話だろう。
新生パワーアップセミナー、大いに期待している。

FullSizeRender.jpgPU%89%D4%91%A92%20-%20%83R%83s%81%5B.jpg FullSizeRender.jpgPU4%8FW%8D%87%20-%20%83R%83s%81%5B.jpg



 

Copyright (C) 2016 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web