« No.1756 木村塾パワーアップセミナー「木村塾パワーアップセミナーとは?」 | HOME | No.1758 2016年12月度 実践目標の進捗報告 »

2016年12月27日

No.1757 木村塾やってみよう会12月度例会・最終回

12月20日、大阪市北区の手品家梅田店で第98回「木村塾やってみよう会」を開催。
いよいよ本会最後となる「我が人生を語る」セミナー。
大トリを飾ったのは(株)メンタルパワーパートナー代表取締役の森西美香さん。

「心技体」心と体と技術をつなげ能力を引き出すコーチングや研修を行う。
現在、個人のコーチングや企業研修を行う「オフィス・ニーズ」、
主にその指導者や企業のリーダー育成をはかる「メンタルパートナー」、
メンタルコーチで地域を元気にするNPO法人「健康づくり推進機構BTB」の3法人を展開する。

FullSizeRender.jpg%90X%90%BC%82%B3%82%F11.jpg FullSizeRender.jpg%90X%90%BC%82%B3%82%F12.jpg

1967年生まれ。京都府宇治市に生まれた。
クリーニング店を営む実家は近所で「ムツゴロウ一家」といわれたほど動物好きな家庭。
妹と茶畑を走り回り、犬、ウサギ、ハムスターに囲まれてすくすくと育った。
出産の半面、死とも向き合うことも少なくない。
命の大切さを肌で感じる中、お父さんの口癖「夢は叶うから心に宿る」
という言葉が森西さんの脳裏に刷り込まれた。
「商売人の家で育ったこと。自然と動物に育まれたこと。
そして夢は叶うという父の口癖。この3つが私をつくったのだと思います」
今回の人生の棚卸であらためて発見した宝物だ。

高校卒業後、就職。お稽古事として始めたエアロビクスにはまった。
「体が床に吸い込まれる感じ。気持ち良すぎて泣けた」。
すぐさま、自分もインストラクターになりたいと本格的に練習を始め、19歳で夢を叶えた。
梅田にあるスタジオ。「お客さんから気持ちよかった、ありがとうと言われてうれしかった」。
ショーにも出てスポットライトを浴びた。宝塚の男役になったようで輝いた。
充実した毎日。競技大会にも出るようになった。

しかし、人気商売。つねにプレッシャーと闘っていた。
身体を酷使して心の声を無視していた。
とうとう体が悲鳴を上げた。
横になると息の仕方が分からない。血尿が出てドクターストップがかかった。
休むと収入が途絶えて生活が苦しくなった。不安から自信を失い、自分を見失った。
「なぜ仕事をしているのか分からない」「どうして生きているのか分からない」
あらためて見回すと同僚もまた同じように悩んでいた。
心身一如を実感した。

「健康て何?」。自問していた時に阪神大震災が起こる。
沢山の人が亡くなる中、神戸に住んでいた森西さんも被災したが命は助かった。
「自分が生きている時間は、誰かが生きたかった時間」
「人生で大切にしているのが何なのか」が見えてきた。
競技生活を引退し、付き合っていた彼氏と結婚。
体だけではない「真の健康」を広げる活動を始めた。

実践心理学やコーチングに出会ったのもそのころ。
アメリカに渡り、メンタルトレーニングや「NLP神経言語プログラミング」という
コミュニケーション心理学を勉強した。
「心と体が一つにつながった瞬間だった」。
「夢は叶うから心に宿る」から「心に強く信じた夢は必ず実現する」に広がった。
「人生を真剣に変えようと考えたときに人生は変わります」。

10年後のビジョンを描いた。
ビジョンが見えると「何をやればいいか」が見えてきた。
「夢の種が芽を出した」。
2004年、オフィス・ニーズを設立。森西さん、36歳だった。
「講師として一人ひとりの輝きを引き出す喜びを知りました」
2010年には株式会社メンタルパワーパートナーを設立し、指導者養成の団体を立ち上げた。
「10年間で1,000人のコーチを立ち上げます。」現在、350人だ。

そして2011年、東日本大震災が起こる。
阪神大震災の体験がフラッシュバックして涙が出て震えが止まらなかった。
「恩返しをしたい。」すぐさま東北に入った。
心と体の健康づくりで被災地支援をしようと声をかけると仲間が集まった。
行政や医療関係者からは「手伝いは要らない」と断られたが、
まずは募金活動を始め、動いた。
核となる専門家が集まり、被災地の健康支援をスタートした。
2013年にはNPO法人「健康づくり推進機構BTB」を設立。
以降、身体づくりから人をつなげ、地域をつなげ、日本をつなげる。
地域福祉コンサルタントとして行政と共催し、
災害時に役立つ「防災からだづくり」の普及に力を注ぐ。
「海の水も1滴の水が集まっている。1滴の水が集まり海になるまでやっていこう」
と呼びかける。

「人生の出来事、すべて資源」「心技体とビジョンがあればお金もついてくる」
30年を振り返って森西さんの実感だ。
これから10年後のビジョンを発表した。

経営は言葉と数字。渋沢栄一も「右手に論語、左手にソロバン」と言っている。
森西さんは数字を「売上」で示したが、「売上」ではなく、
BS(バランスシート)の自己資本額、つまり資産であり貯金額だ。
会社としていくら資産をつくるか。この資産が未来をつくる。
PL(損益計算書)に現れる売上げは、1年ごとの結果に過ぎないが、
BSは過去・現在・未来の数字を表す。
森西さんは改めて「10年後、自己資本額1億円」を公言した。

夢は言葉だけでは幻想だ。
皆の前で公言した言葉と数字は、何よりも心にしっかりと刻まれたはずだ。

なお、当会が始まって7年。正直、ここまで続くとは思ってもみなかった。
門浦さんをはじめバトンをつないでくださった歴代塾長、お手伝いくださった皆さん、
会場としてご提供いただいた手品屋の前田社長ほか龍峰店長、スタッフの皆さん、
そして、ご参加されたすべての皆さんへ心から感謝申し上げたい。

木村塾は離れるが、来年度は堀江かりんさんが「BS経営セミナー」として
やってみよう会の要素も盛り込んだ経営セミナーを新規にスタートしてくださる。
大いに期待している。

FullSizeRender.jpg%90X%90%BC%82%B3%82%F15.jpg FullSizeRender.jpg%90X%90%BC%82%B3%82%F13.jpg

☆いただいたアンケートより抜粋

・ 森西さんの「夢は叶うから心に宿る」「真剣に考えた時、人生は変わる」の言葉に生きる勇気をいただきました。
・ ブレない夢、ビジョンは必ず叶う。実践で経験されているのがよく分かりました。2018から大不況が来るといわれる中、生き方、あり方が問われる時代だと痛感します。
・ 「人生の出来事、すべて資源」「一滴の水が集まり大海の海となる」「夢は叶うから心に宿る」。発表ありがとうございました。
・ 森西さんの目指す世界、すごく共感できました。チームビルディングのお話しの中で「ビジョン、理念、夢を共有する」という言葉が響きました。
・ 組織の中でコーチングの必要性を共感した。
・ あらためて幼少期の環境、とくに親の言葉は影響力があると痛感しました。
・ 森西さんの生き方はもちろん、組織の作り方、言葉の使い方、すべて勉強になった。貴重な発表だった。
・ やってみよう会で学んだこと、出会った人、私の人生の宝物です。ありがとうございました。



 

Copyright (C) 2017 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved / Powered by Genius Web