« No166 決算書は社長の通信簿 | 木村勝男公式ブログのTOPへ | No168 「生涯青春―ただ今、大学院生」 »

2007年01月22日

No167 「夢」の持つパワー

伊方町商工会主催のセミナーへ講師としてお招きをいただきました。
伊方町は松山空港から車で1時間半の四国最西端の町です。お出迎えをいただいた商工会の経営指導員Sさんに、空港から佐田岬半島まで観光案内をいただきました。長さ約50KMの日本一細長い佐田岬半島は、メロディラインの開通により、北側に瀬戸内海、南側に太平洋を眺めながらの快適なドライブが楽しめます。

講演は、拙著から「逆境にまさる師なし」をテーマにいただきましたが、若い方も多数参加されていたので、テーマに沿いながらも「夢」の持つパワーを中心に話しました。

image001-22Jan07.jpg

どんな人生にしたいのか。
どんな仕事につきたいのか。
どんな生活をしたいのか。
考えてみましょう。そしてそれを明確にしましょう。

経営とは変化対応業です。
経営には、会社経営、地域経営、家庭経営そして自分自身の人生経営もあります。つまり経営とは生きることと同義語だと思います。
10年一昔は死語になりました。今の社会は1年1年急速に変化しています。この変化をチャンスにしていくのです。ゆで蛙になってはいけません。

夢+日付=目標
夢+数字=計画
夢+カタチ=経営
なのです。

夢をカタチにしていくのです。2度とない人生だからこそ、「やってみなわからん!やったことしかのこらん!」のです。自分の夢を実現する為に、思い切りチャレンジしましょう!と伝えました。

参加者の真剣な眼差しにうたれて私も久しぶりに燃えました。ご清聴いただき、やり甲斐のある2時間を過ごせたことを感謝します。

image003-22Jan07.jpg

投稿者 katsuo : 2007年01月22日 07:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kimurakatsuo.sakura.ne.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/205

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Copyright (C) 2005 KimuraKatsuo.com committee. All Rights Reserved.